銀座ロフトでは使う人だけを温める「パーソナルウオーマー」が売れている。なかでも、USBケーブルから電源を得る「USBウォーマー」がスマッシュヒット。昨シーズンは1種類・2色のみの展開だったが、14種類・46色と一気に選択肢も増えた。

 19年は夏にハンディ扇風機がヒットしたこともあり、防寒グッズでも“持ち歩ける暖房”が今季の人気急上昇株。背景には、USBが生活に身近にある“USB世代”が増えてきていることにあるとみている。

 「2年前だと、USB仕様の商品は『電源がコンセントではないから』と敬遠されることも多かった。しかし、今はUSB経由でどこでも充電できるモバイルバッテリーを持ち歩いている人が多いことが、シェア拡大につながっている」とロフト広報の池田晶子氏はみる。

「WARM STYLE」と銘打って、冬の防寒グッズを大々的に展開している銀座ロフト。シーズン商品のため既に完売するほど人気の商品もある。今冬のイチ押しはUSBウォーマーのコーナーだ
「WARM STYLE」と銘打って、冬の防寒グッズを大々的に展開している銀座ロフト。シーズン商品のため既に完売するほど人気の商品もある。今冬のイチ押しはUSBウォーマーのコーナーだ

 「昨シーズンは1種類だけの取り扱いだったにもかかわらず商品が売れたこと、メーカー側からも新商品が多数出たこともあり、今季は売り場のメインに据えた」というのは、銀座ロフト生活雑貨マネージャーの長谷川恭子氏。

 取材で訪れたのは19年12月中旬。昨年は10月が暖かかったこともあり、立ち上がりは10月下旬からと例年より遅めだったが、充電式のウエアラブルヒーターマフラー(税別6980円)は早々に売り切れ。売り場全体を通して、購入層も幅広いという。

18年に販売したUSBウオーマーは、猫を抱っこしているような感覚が味わえる電気あんかの「キャットUSBウオーマー」1種類・2色のみ。それも、動物をモチーフとした商品の1つとして品ぞろえに加えていたにすぎなかった。税別2800円で今シーズンは3色で展開
18年に販売したUSBウオーマーは、猫を抱っこしているような感覚が味わえる電気あんかの「キャットUSBウオーマー」1種類・2色のみ。それも、動物をモチーフとした商品の1つとして品ぞろえに加えていたにすぎなかった。税別2800円で今シーズンは3色で展開

 この冬一番の人気商品は、まるでマウスパッドのような形をしたUSBヒーター「ヒーティングマット INKO(インコ)」。導電性の高い銀ナノインクを発熱素材として使用。厚さ1ミリメートル、重さ105グラムで、電磁波も発生しない。スポーツ観戦などお尻が冷える場面でも、モバイルバッテリーさえ持っていれば、いつでも47度まで温められる。「あったかグッズ=モコモコふわふわ」という概念を覆す商品だ。

電熱線の代わりに銀ナノインクを温めることで加温する「ヒーティングマット INKO(インコ)」(税別4500円)。プレゼントとして選ばれることも多いそう
電熱線の代わりに銀ナノインクを温めることで加温する「ヒーティングマット INKO(インコ)」(税別4500円)。プレゼントとして選ばれることも多いそう
「USB温熱ハラマキ」(税別3980円)や「USBあったか手袋」(税別2500円)など、体を部分的に温める商品が多数
「USB温熱ハラマキ」(税別3980円)や「USBあったか手袋」(税別2500円)など、体を部分的に温める商品が多数
アウトドア需要もあり、“着る暖房”として、ベストやブランケットにもUSB商品が登場
アウトドア需要もあり、“着る暖房”として、ベストやブランケットにもUSB商品が登場

 USBウオーマーはカイロのように使い捨てではないため、エコの観点から注目されるが、電源がなければ使えない。「最近は、モバイルバッテリーも太陽電池タイプが出ている。災害時のことも考えて、ソーラーチャージャーと組み合わせるのがおすすめ。エコを考えると、湯たんぽも選択肢。2000~3000円台でバリエーションも幅広い」(長谷川氏)

まるでぬいぐるみ売り場のようだが、すべて湯たんぽ。「だっこする湯たんぽ」は、寝るときだけでなく、ソファでくつろいでいるときにぬいぐるみのように抱っこして温まる需要も取り込む
まるでぬいぐるみ売り場のようだが、すべて湯たんぽ。「だっこする湯たんぽ」は、寝るときだけでなく、ソファでくつろいでいるときにぬいぐるみのように抱っこして温まる需要も取り込む
「麦の温冷アイピロー」(税別5000円)と「ネックピロー」(税別8500円)。スウェーデンのブランドKLIPPAN製で、北欧テイストのおしゃれな袋の中に麦が入っている。電子レンジで3分温めるだけで、布団の中で4~5時間、室内で1時間温かさが持続。もちろん繰り返し使える
「麦の温冷アイピロー」(税別5000円)と「ネックピロー」(税別8500円)。スウェーデンのブランドKLIPPAN製で、北欧テイストのおしゃれな袋の中に麦が入っている。電子レンジで3分温めるだけで、布団の中で4~5時間、室内で1時間温かさが持続。もちろん繰り返し使える
昨シーズン、大ヒットした着丈110センチの「mofua 着る毛布」(税別3350円、写真左)が、今シーズンはさらに進化して「mofua 包まれる毛布」(税別4350円、写真右)に。筒状になっており、いくら寝返りを打ってもずっと包まれていられる
昨シーズン、大ヒットした着丈110センチの「mofua 着る毛布」(税別3350円、写真左)が、今シーズンはさらに進化して「mofua 包まれる毛布」(税別4350円、写真右)に。筒状になっており、いくら寝返りを打ってもずっと包まれていられる
室内用のモコモコあったかスリッパは定番だが、外に履いていけるあったかサンダルは今まで意外になかった。コンビニに行くときにサッと履いていける冬サンダル「SUBU(スブ)」(税別 3400円)は、4層構造のインソールで足全体を包み込む温かさ
室内用のモコモコあったかスリッパは定番だが、外に履いていけるあったかサンダルは今まで意外になかった。コンビニに行くときにサッと履いていける冬サンダル「SUBU(スブ)」(税別 3400円)は、4層構造のインソールで足全体を包み込む温かさ

(撮影/吉田理栄子)

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>