2019年4月にフロアを拡大してリニューアルオープンしたばかりの銀座ロフトでは、早くも夏を先取りしたヒット商品が活況だ。これからの時期、水分補給に欠かせない水筒は種類もサイズも豊富。中でも、わずか容量120mlの「ポケトルボトル」がとにかく売れているという。

「ポケトルボトル」(120ml、税抜き1200円)。その名の通り、ポケットに入るミニサイズ
「ポケトルボトル」(120ml、税抜き1200円)。その名の通り、ポケットに入るミニサイズ

 1~2時間の外出での水分補給や薬を飲む水など、500mlや300mlまでは必要ない女性を中心に火がついた。少しだけ飲み物を持ち出したい需要をうまく取り込んだ格好だ。

 スポーツジムやヨガを楽しむ人などは常温の水を好む人も多く、保温機能のないシンプルな水筒も好調。飲み終わったら小さくたためるものや倒してもこぼれないものなど、ラインアップも充実している。

 清潔面の観点から、直接口をつけずにふたをコップにして飲むタイプもまた人気が上がってきているという。

 「マイボトルの需要は落ちていない。デザイン、サイズ、素材など、用途別に複数持っている人も多い。ペットボトルを何本も買うよりも節約になり、自分の飲みたいものを好きなときに飲むことができるので、年間を通して売れている」(銀座ロフト次長の田中由起子氏)。

飲み終わったら小さくつぶせる「シリコンボトル アクティブ」(税抜き1800円)
飲み終わったら小さくつぶせる「シリコンボトル アクティブ」(税抜き1800円)
マイボトルと合わせてヒットしているのが、残った水滴を乾かしてくれる「エコカラット ボトル乾燥スティック」(税抜き980円)
マイボトルと合わせてヒットしているのが、残った水滴を乾かしてくれる「エコカラット ボトル乾燥スティック」(税抜き980円)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>