※日経トレンディ 2019年5月号の記事を再構成

回転寿司チェーンのスシローが、17年8月から密かに展開する大衆寿司居酒屋がある。新業態の「鮨・酒・肴 杉玉」だ。1号店のオープンから約1年で5店舗にとどまりながら、今後3年で100店オープンを目指すと宣言。一気に出店攻勢をかける。

「鮨・酒・肴 杉玉 神楽坂」(東京都新宿区)
「鮨・酒・肴 杉玉 神楽坂」(東京都新宿区)

 刺し身や握り寿司などの海鮮メニューを、一部を除いて299円均一で用意するのが特徴。スシローの仕入れ、流通網を使える強みを生かした、居酒屋としては破格の割安感が魅力だ。

 成功の理由は、ただ安いだけではない。例えば、缶にランプフィッシュキャビアを敷き詰めた「キャビア寿司」、ガラス球に食材を詰め込んだ「杉玉ポテトサラダ」といった奇抜で写真映えするメニューがずらり。一方、スシローとは違う独自のシャリを使う握り寿司は本格志向。何と洋食の調味料であるバルサミコ酢も加え、独特の風味を出す。味わいだけでなく、黄色がかった見た目で話題をつくるという狙いも隠れている。「シャリに洋食の調味料!」という意外性も抜群だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>