「リトアニア」と聞いて、具体的なイメージが湧く人はどれくらいいるだろうか。バルト3国の1つで国土は北海道の8割程度、旧ソ連から1990年に独立して共産主義から資本主義に転換したばかりの若い国だ。このリトアニアをフィーチャーしたフェアが代官山 蔦屋書店で開催されている。

代官山 蔦屋書店2号館1階の建築・デザインフロアで開催されている「リトアニアのデザイン」。2019年4月4日から5月5日まで
代官山 蔦屋書店2号館1階の建築・デザインフロアで開催されている「リトアニアのデザイン」。2019年4月4日から5月5日まで

 きっかけはバレンタインだったという。「リトアニアのライフスタイルやカルチャーを紹介しているデザイン会社・suimokさんから『リトアニアのチョコレートのパッケージデザインを手掛けたので、バレンタインに合わせてフェアをしてほしい』という依頼があった。ただ、パッケージが優れたデザインは他にもたくさんあるし、チョコレートだけでフェアをするのは難しいと感じた」というのは建築・デザイン担当の藪田千晴氏。

 独立から約30年たって若い世代がカルチャーをけん引し始めており、こうした世代がエッジの効いたデザインセンスを持っていることなどを知った。「それなら、『リトアニアのデザイン』というテーマで、suimokさんが注目するクリエーターを紹介してほしい」(藪田氏)と依頼し、今回のフェア開催につながったという。

ケフィアやポルチーニのチョコレートなど斬新かつパッケージもおしゃれな「Chocolate Naive(チョコレートナイーブ)」はリトアニアで初のビーントゥーバーチョコレート。各税抜き1300円
ケフィアやポルチーニのチョコレートなど斬新かつパッケージもおしゃれな「Chocolate Naive(チョコレートナイーブ)」はリトアニアで初のビーントゥーバーチョコレート。各税抜き1300円

 日本では北欧デザインが人気だが、リトアニアも国連の区分では「北欧」に分類される。とはいえ、「北欧のすっきりシンプルなデザインと共通する部分を持ちながらも、少し土っぽさや人の手のぬくもりを感じるところが魅力」と藪田氏はいう。

売れ筋は「Formuniform(フォームユニホーム)」のミニマムなバッグや、シンプルな中にウイットを感じられる「NAÏVE(ナイーブ)」の服や靴
売れ筋は「Formuniform(フォームユニホーム)」のミニマムなバッグや、シンプルな中にウイットを感じられる「NAÏVE(ナイーブ)」の服や靴
水の浄水場や工業地帯の汚染された金属を再生利用することをデザインとして研究を続けているアグネ・クチェレンカイテの器も注目の一品。有毒物質を窯で焼いて浄化できること着目し、独特の色彩を得られる顔料として使用。作品タイトルは「IGNORANCE IS BLISS(しらぬがほとけ)」だ
水の浄水場や工業地帯の汚染された金属を再生利用することをデザインとして研究を続けているアグネ・クチェレンカイテの器も注目の一品。有毒物質を窯で焼いて浄化できること着目し、独特の色彩を得られる顔料として使用。作品タイトルは「IGNORANCE IS BLISS(しらぬがほとけ)」だ

 もともとリトアニアについて知らなくても、リトアニアに興味を持ち、訪れてみたいという消費者も多く、両国の懸け橋としても好評。また、デザインを軸にしたリトアニアの企画は今までほとんどなかったことから、現地のクリエーターも今回の企画をとても喜んでいるという。

 一方、このリトアニアのデザインフェアの隣では、名古屋の個性的ハンバーガーショップ「KAKUOZAN LARDER」のフェアも開催されている。

19年4月10日から5月6日まで開催されている「KAKUOZAN LARDER KIOSK POP-UP SHOP ASIA TOUR at DAIKANYAMA TSUTAYA BOOKS」。昨年代官山 蔦屋書店で開催したフェアが好評だったことから、今年も満を持して開催が決まったという
19年4月10日から5月6日まで開催されている「KAKUOZAN LARDER KIOSK POP-UP SHOP ASIA TOUR at DAIKANYAMA TSUTAYA BOOKS」。昨年代官山 蔦屋書店で開催したフェアが好評だったことから、今年も満を持して開催が決まったという

 KAKUOZAN LARDERは、「その存在自体がカルチャー」と言われ、オリジナルグッズやアーティストとの限定コラボグッズも制作。今回は「HARDWORKツアー」と題し、代官山 蔦屋書店を皮切りに、福岡、大阪、台湾、静岡、奈良などをめぐる。このように、まったく毛色の違うフェアが真横で展開されるのも、代官山 蔦屋書店の面白いところだ。

■変更履歴
第1段落、「旧ソ連から1990年に独立して」に変更しました。 [2019/04/24 14:57]
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>