まだまだ寒い日が続いているが、売り場はひと足先に春の到来を告げている。銀座ロフトは「春のカザリモノ展」と銘打ち、25ブランドのアクセサリーを一堂に集めた売り場を1月15日から3月7日まで大々的に展開中だ。

 「今までロフトでアクセサリーを取り扱う場合は、テナントで入ってもらったり、ポップアップで1ブランドを取り上げたりすることがほとんど。ここまで大規模なアクセサリーの企画は初めて」と、銀座ロフトの田中由起子次長。プチプラ(手ごろな)商品から、ハンドメイドの1点もの、インポート商品、60年代のフランスのビンテージ商品など、1000~1万5000円まで幅広く商品をそろえた。

3階ロフトマーケットで開催されている「春のカザリモノ展」。1月15日から3月7日まで
3階ロフトマーケットで開催されている「春のカザリモノ展」。1月15日から3月7日まで

アパレル商品ではなくファッション雑貨

 田中次長によると、「ロフトで扱うファッションはアパレル商品ではなく、あくまでもファッション雑貨であることが重要。百貨店との差異化も意識した」とのこと。ブランドの選定や商談も、ビューティー系、バラエティー系、インテリア雑貨系と、3部門横断で行われたという。あまり高価ではなく、自分の気に入ったものを、ちょっとしたギフトとしてプレゼントしやすいことも重要なポイントだ。

3000~5000円台の商品が中心価格帯。有田焼を使ったアクセサリーも4000円程度と比較的手ごろ
3000~5000円台の商品が中心価格帯。有田焼を使ったアクセサリーも4000円程度と比較的手ごろ
5階に常設している“乙女の蚤(のみ)の市”をコンセプトにした「ヴィンテージDeco」は、若年層から中高年層まで幅広いファンがいる。そのため、今回のフェアでもビンテージ商品をそろえた
5階に常設している“乙女の蚤(のみ)の市”をコンセプトにした「ヴィンテージDeco」は、若年層から中高年層まで幅広いファンがいる。そのため、今回のフェアでもビンテージ商品をそろえた

 例年の春のギフト企画ではハンカチや靴下が定番。今回は4月に予定している大幅増床でアクセサリー売り場を新設することもあり、それに向けたテストマーケティングとして実施したという。同店は女性客が7割を占めており、増床を機に銀座で買い物をする大人の女性の需要が高いアクセサリーの売り場を自主編集で展開することを決めたそうだ。

 同店の客層は30~40代と他のロフトよりもやや高めなこともあり、ピアスとイヤリングを両方扱っているのもポイントだ。

個性派からキレイめまで、ワンポイントになるブローチも数多くセレクト。お気に入りの一品が見つかるはず
個性派からキレイめまで、ワンポイントになるブローチも数多くセレクト。お気に入りの一品が見つかるはず
ボタンの穴にかけることができる「ボタンフック」は遊び心満載。これも立派なアクセサリーだ
ボタンの穴にかけることができる「ボタンフック」は遊び心満載。これも立派なアクセサリーだ
ネクタイ生地を使用した男性用アクセサリー「tibitai(ちびタイ)」。スーツのワンポイントとして目を引きそう
ネクタイ生地を使用した男性用アクセサリー「tibitai(ちびタイ)」。スーツのワンポイントとして目を引きそう

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する