ロングセラー復権

  • 「デミオ」から「MAZDA2」へ マツダのコンパクトカーの戦い方
    インサイド
    2019.08.19
    「デミオ」から「MAZDA2」へ マツダのコンパクトカーの戦い方
    1996年の登場以来、マツダのコンパクトカーとして親しまれてきた「デミオ」がマイナーチェンジ。車名を「MAZDA2」に変更した。目的は欧米とのブランド統一だけではな…続き
  • クチコミがライバルの20倍 アタックZEROの大型マーケ戦略を検証
    花王大研究 アタックZEROはこうして生まれた
    2019.08.05
    クチコミがライバルの20倍 アタックZEROの大型マーケ戦略を検証
    この特集では花王が進める「革新」に全5回(予定)でスポットを当てる。初回はマーケティングの革新。イケメン5人のテレビCMで注目された「アタックZERO」の大規模プロ…続き
  • ZARAはなぜ持続可能性を重視する戦略をとる?【海外翻訳誌】
    海外翻訳 Fast Company ピックアップ
    2019.07.31
    ZARAはなぜ持続可能性を重視する戦略をとる?【海外翻訳誌】
    ZARAは7月下旬、地球環境に配慮した生地とリサイクル技術の採用などを柱とするサステナビリティー重視の企業戦略を発表した。ファストファッションは捨てられる衣服を増や…続き
  • 日本初の「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発したワケ
    Hot Topics
    2019.07.30
    日本初の「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発したワケ
    ライオンがオーラルケアブランドの「クリニカ」で、力を入れすぎると「カチッと鳴る」新機構を備えた日本初の歯ブラシを発売する。人によってバラバラだった歯磨きに“答え”を…続き
  • 「ガリガリ君より売れてない」 自虐ネタで売り上げ伸ばすアイス
    売れるネーミング&キャッチフレーズ
    2019.07.24
    「ガリガリ君より売れてない」 自虐ネタで売り上げ伸ばすアイス
    個性的なネーミングを武器にブランド力を向上させ、売り上げ増を実現する──そんな手法を事例を基に考える特集の第3回。赤城乳業のアイス「ガツン、とみかん」は、20年の歴…続き
  • サントリー「金麦」、木村拓哉で長寿ブランドをリフレッシュ
    CMフォーカス
    2019.06.25
    サントリー「金麦」、木村拓哉で長寿ブランドをリフレッシュ
    話題のCMを取り上げ、その企画の狙いや制作の裏側を掘り下げる「CMフォーカス」。今回は、木村拓哉を新たに起用したサントリービール「金麦」を取り上げる。同CMは201…続き
  • “濃いめメーク”の川口春奈でよみがえる「じゃがりこ」の原点
    売れる!CMキャラクター探偵団
    2019.06.21
    “濃いめメーク”の川口春奈でよみがえる「じゃがりこ」の原点
    発売当初の懐かしいCMを復刻したカルビー「じゃがりこ」。新CMは改元発表直後に「令和」の文字を入れて放映したり、キャラクターの川口春奈が当時の音声に合わせて食べたり…続き
  • 大ヒットシューズ「瞬足」の今後は? アキレス社長が明かす
    旬な人
    2019.06.21
    大ヒットシューズ「瞬足」の今後は? アキレス社長が明かす
    年間最高で650万足を売り上げたアキレスの子供用運動靴「瞬足」。2018年にはシリーズに上履きが加わり、19年2月にはシンプルで大人っぽいデザインの新製品も追加され…続き
  • 鈴廣かまぼこ、デザイン刷新で出荷増 実質値上げを跳ね返す
    デザインの限界
    2019.06.11
    鈴廣かまぼこ、デザイン刷新で出荷増 実質値上げを跳ね返す
    「変なホテル」のブランディングを担当するGRAPHの北川一成氏と共に、広告やパッケージにとどまらない総合的なデザイン戦略の重要性を、実例を基に考える連載企画。今回は…続き
  • 企画力で脱・駄菓子 新市場を狙うベビースターとブラックサンダー
    リブランディング 成功の秘訣
    2019.06.10
    企画力で脱・駄菓子 新市場を狙うベビースターとブラックサンダー
    リブランディング特集の6回目は、「ベビースターラーメン」と「ブラックサンダー」を取り上げる。「駄菓子」としての圧倒的なブランド力を生かし、減少する子供向けの市場だけ…続き
  • シャープ、ソニーで対照的なハイスペックスマホの売り込み方
    Hot Topics
    2019.05.16
    シャープ、ソニーで対照的なハイスペックスマホの売り込み方
    6月から、au、ソフトバンクに引き続き、NTTドコモも通信料金と端末代金を分離した「完全分離プラン」に移行。通信料金は値下げになる一方で、端末代金の負担感が増すこと…続き
  • リクルートのSUUMO、印象的な歌とモフモフキャラで親近感を演出
    CMフォーカス
    2019.05.15
    リクルートのSUUMO、印象的な歌とモフモフキャラで親近感を演出
    DA PUMPやヤバイTシャツ屋さんを起用したシリーズが話題を呼び、2月度銘柄別CM好感度ランキング(CM総合研究所発表)で5位に入った、リクルート住まいカンパニー…続き
  • SUUMO、DA PUMPやヤバTとのコラボで銘柄別好感度トップ5入り
    CMフォーカス
    2019.05.14
    SUUMO、DA PUMPやヤバTとのコラボで銘柄別好感度トップ5入り
    歌番組で、MCの赤坂泰彦と小倉優香が「参りましょう! DA PUMP&スーモ!」と盛り上げると、「♪スーモ、スーモ、スモ、スモ~」と歌い踊るDA PUMPとスーモ。…続き
  • 森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由 2回の挫折で原点回帰
    Hot Topics
    2019.05.13
    森永「大人向けラムネ」大ヒットの理由 2回の挫折で原点回帰
    森永製菓「大粒ラムネ」が売れ続けている。2018年3月の発売から1カ月足らずで年間販売計画数量を売り切り休売に。同年10月に全国で販売を再開した後も売り上げを伸ばし…続き
  • 檀れいで守り、キムタクで開拓 「金麦」が下した13年目の決断
    売れる!CMキャラクター探偵団
    2019.04.26
    檀れいで守り、キムタクで開拓 「金麦」が下した13年目の決断
    企業や製品の顔となるCMキャラクターはコミュニケーション戦略の要。その決定の裏側に迫る本連載。第1回はサントリーの第三のビール(新ジャンル)「金麦」。発売13年目を…続き
  • 生茶のシェアを回復させた キリンのパッケージデザインの創り方(後編)
    キリンビバレッジのパッケージデザイン開発
    2019.04.05
    生茶のシェアを回復させた キリンのパッケージデザインの創り方(後編)
    リニューアルで驚異的な大復活を遂げた生茶。そのデザインコンセプトをどう固めていったのか。難易度の高いパッケージデザインをどう社内調整して実現させたのか?後編ではいよ…続き
  • nendo佐藤氏によるデザイン刷新 大幸薬品「クレベリン」絶好調
    インサイド
    2019.04.01
    nendo佐藤氏によるデザイン刷新 大幸薬品「クレベリン」絶好調
    デザインを大きくリニューアルした大幸薬品の「クレベリン」が好調な売り上げを見せている。ウイルス除去関連製品の市場は、2018年第4四半期(10月から12月)で前年同…続き
  • 廃業寸前の和傘店が年商3億円のベンチャーになれたワケ
    発掘! 地方で輝くブランド
    2019.04.01
    廃業寸前の和傘店が年商3億円のベンチャーになれたワケ
    資金力のない地方企業であっても、人々に支持されるブランドや商品はつくれる。実際、日本の地方には魅力的な資産──伝統工芸や観光資源など──がある。その資産を発掘し、磨…続き
  • 生茶のシェアを回復させた キリンのパッケージデザインの創り方(前編)
    キリンビバレッジのパッケージデザイン開発
    2019.03.29
    生茶のシェアを回復させた キリンのパッケージデザインの創り方(前編)
    一時期は危機的状況までシェアが下がった「生茶」を、大々的なパッケージデザインのリニューアルでシェア回復に導いたキリンビバレッジ。そのデザイン開発は、どんな体制で、ど…続き
  • 湖池屋スコーンはなぜ新キャラ「ゴリラ」をデザインしたのか
    Hot Topics
    2019.03.25
    湖池屋スコーンはなぜ新キャラ「ゴリラ」をデザインしたのか
    湖池屋のロングセラーブランド「スコーン」は、2019年2月にパッケージ、フレーバーなどを一新するフルリニューアルを実施。パッケージには新たにキャラクター「ハラペコン…続き