赤城乳業

  • 「ガリガリ君より売れてない」 自虐ネタで売り上げ伸ばすアイス
    売れるネーミング&キャッチフレーズ
    2019.07.24
    「ガリガリ君より売れてない」 自虐ネタで売り上げ伸ばすアイス
    個性的なネーミングを武器にブランド力を向上させ、売り上げ増を実現する──そんな手法を事例を基に考える特集の第3回。赤城乳業のアイス「ガツン、とみかん」は、20年の歴…続き
  • 赤城乳業に学ぶ、お金をかけずにブランド力を維持するには?
    Q&Aで学ぶブランディング
    2018.05.17
    赤城乳業に学ぶ、お金をかけずにブランド力を維持するには?
    アイスキャンディー「ガリガリ君」で知られる赤城乳業。ガリガリ君は2013年には販売本数が4億7500万本を記録し、年間で日本人1人当たり3本を食べている計算になった…続き
  • パッケージデザイン消費者調査 落ち着いた色と安定感を高く評価
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.08.24
    パッケージデザイン消費者調査 落ち着いた色と安定感を高く評価
     パッケージデザイン開発とリサーチを行うデザインコンサルティング会社のプラグは、2017年春に発売された563商品に関する好感度調査を実施した。
  • 赤城乳業に学ぶ、お金をかけずにブランド力を維持するには?
    日経デザイン(ケーススタディ総覧記事)
    2017.07.24
    赤城乳業に学ぶ、お金をかけずにブランド力を維持するには?
    「ガリガリ君」を販売する赤城乳業は、独自の商品開発やコラボ企画に必ずニュース性や話題性を持たせている。ユーザーが面白がってくれれば、ネットで拡散し、売り上げの向上に…続き
  • 【2016年振り返り】ラク、トク、早いの三拍子に病みつき。大人の「懐かしい」が若者の「新しい」に
    日経トレンディ(ケーススタディ総覧記事)
    2016.11.04
    【2016年振り返り】ラク、トク、早いの三拍子に病みつき。大人の「懐かしい」が若者の「新しい」に
     スター・ウォーズ、ゴジラ、おそ松くん……大人が青春をともにした盟友が、相次いで帰ってきた。喜んだのは昔を懐かしむ大人ばかりではない。純粋に惹かれるコンテンツとして…続き
  • 「ガリガリ君に謝らせるわけにはいかない」、社員総出の値上げお詫びCMに25年前の反省
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2016.06.02
    「ガリガリ君に謝らせるわけにはいかない」、社員総出の値上げお詫びCMに25年前の反省
    「25年間踏んばりましたが、60→70」。赤城乳業(埼玉県深谷市)が4月1~2日に放映した60秒のテレビCMは、大いに話題を呼んだ。アイスキャンディー「ガリガリ君」…続き
  • ロッテ「爽」がニュースサイト開設、男子中高生に“小ネタ”提供しブランド訴求
    日経デジタルマーケティング(ケーススタディ総覧記事)
    2012.09.20
    ロッテ「爽」がニュースサイト開設、男子中高生に“小ネタ”提供しブランド訴求
    今年3月末、新しいWebニュースメディアがオープンした。その名は「爽力取材!放課後ニュース」。読者ターゲットは男子中高生だ。「女子ウケニュース」をはじめ「中高生の実…続き