ビッグデータ、デジタルマーケティングの最新技術、サービスの最新動向を追う。各社の取り組みから業界トレンドを浮かび上がらせる。
  • 2019.07.25
ソフトバンク孫氏の危機感「日本はAI後進国」巻き返しの可能性は
ステージに立つソフトバンクグループ会長兼社長の孫正義氏は、「日本はAI(人工知能)の後進国」と断言した。かつてインターネットやスマホの成長性を見いだし、いち早く事業に取り込んできた同氏はAIにそれ以上の可能性を感じていると話す。「まだ手遅れではない」と日本の巻き返しに期待をかけた。
  • 2019.07.19
AI記者が学生インタビューの記事を自動作成、リクルート系が開発
記者が対面で人に会い、巧みに話を引き出す。聞いた内容を再構成し、一定の文章量の中に収める。そんな取材から執筆までを自動化するAI(人工知能)を用いたシステムがリクルート系の情報サイトで使われ始めた。こうしたAIの活用が広がれば、Webなどコンテンツ制作の仕事は大きく変化しそうだ。
  • 2019.04.26
中国ECデータが丸分かり アドウェイズ子会社が5月にツール提供
アドウェイズ子会社でECデータ分析サービスのNint(東京・新宿)は2019年5月、メーカー向けに中国のECモールのデータを統合的に分析できるツール「Nint for Insight」の提供を始める。値崩れによるブランド毀損の防止や、クチコミ分析に役立つ。初年度で数十社への導入を狙う。
  • 2019.04.18
紅白目指すAIりんな 卒業の理由「女子高生の枠に収まらない」
日本マイクロソフトは2019年3月末に、女子高生という設定だった対話AI(人工知能)「りんな」が高校を卒業すると公表した。LINE上のAIボットとして登場してから3年半余り。突然の卒業宣言は何を意味するのか。企業や自治体との連携はどうなるのか。日本マイクロソフトに聞いた。
  • 2019.03.20
BI/ダッシュボード導入のコツ(後編)利用定着へ3つのポイント
昨今注目を集めている「BI/ダッシュボード」を解説する本記事は、デジタルマーケティング業務の運用の専門サイト「Unyoo.jp」で話題になった記事を、日経クロストレンド読者向けに編集した。後編は定着へのポイントを解説する。
  • 2019.03.20
洋服のかわいい度をAIが診断 ファッション業界向け新ツール
「この洋服のかわいい度は0.75、ガーリー度は0.63、デート度は0.87」。データ分析のINSIGHT LAB(東京・新宿)は、服を見たときに感じるさまざまなイメージを数値化するAI(人工知能)を、北海道大学と共同で開発した。AIの分析結果と顧客データを組み合わせた経営分析ツールとしての浸透を目指す。
  • 2019.03.19
BI/ダッシュボード導入のコツ(前編)ツール選定4つのポイント
マーケター受難の時代と言われる現代。複雑多様化の一途をたどるデジタルマーケティング業界において、昨今注目を集めているのが、「BI/ダッシュボード」の存在だ。本記事は、デジタルマーケティング業務の運用の専門サイト「Unyoo.jp」で話題になった記事を、日経クロストレンド読者向けに編集した。
  • 2019.03.12
AIモデル開発のためデータ契約を整備、コンソーシアム設立
京都大学、東京大学などの教育機関、日本マイクロソフトなどの事業者、合わせて14の組織で構成された共同事業体は、一般社団法人AIデータ活用コンソーシアムを設立し、2019年4月より活動を開始する。その目的は、国内におけるAI(人工知能)モデルを開発する上でのデータ流通の促進だ。
  • 2019.02.28
物件価格を35年後までAI推定 顧客への情報提供をツールで効率化
いまや不動産の物件探しといえばネット利用が当たり前だが、契約には不動産仲介会社とのやりとりが欠かせない。Housmart(ハウスマート、東京・中央)は、不動産会社がAI(人工知能)で物件情報を集約し、メールで顧客に送る新ツールの提供を始める。アナログの古い商慣習を変えるきっかけになるか。
  • 2019.02.26
アマゾンに自動注文するIoTウオーターサーバーが生まれるまで
ウオーターサーバー事業の富士山の銘水(富士吉田市)は、IoT技術を使った自動発注システムを開発し、2018年12月に提供を始めた。ボトルを定期配送するモデルと比べて、顧客の消費状況に合わせた都度配送を実現できる。10カ月の開発期間にはさまざまな障壁があった。

関連特集・連載

本日更新
データビジネス最前線
全7回
正しく伝える「美グラフ」の作法
全7回
花王大研究 アタックZEROはこうして生まれた
全5回
日経クロストレンドFORUM 2019