2020年春、いよいよ国内で次世代のモバイル通信規格「5G」の商用サービスが始まる。サービスが先行している海外では、既に5G対応スマートフォンの販売が本格化している。販売の中心はハイエンドモデルだが、今後の普及に向けては低価格化と5Gの高性能を生かす機能拡充が求められる。

サムスン電子が米国などで販売している「Galaxy S10 5G」。同社のフラッグシップモデルを5Gに対応させ、さらなる機能強化を図ったモデル
サムスン電子が米国などで販売している「Galaxy S10 5G」。同社のフラッグシップモデルを5Gに対応させ、さらなる機能強化を図ったモデル

 5Gスマートフォンに特に力を入れているのが、韓国のサムスン電子である。韓国と米国市場でフラッグシップモデルの「Galaxy S10 5G」を投入。これを皮切りとして、19年に5Gスマホ4機種を打ち出している。

 また中国のファーウェイ(華為技術)も、米国からの制裁の影響を強く受けながらも5G対応機種投入を積極化。中国市場では2019年8月に、「HUAWEI Mate 20 X(5G)」を投入している。

 これらの機種は、いずれも環境が良ければ通常時でも毎秒1ギガビットを超える通信速度を実現するなど、4Gとは桁違いの性能を誇る。ハイエンドモデルで、かつ5Gでの消費電力増加を意識していることもあってか、バッテリー容量は4000mAhを超える大容量で、本体サイズも大きめのものが多いようだ。

出遅れるアップルの理由は

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

ムック『この1冊でまるごとわかる 5G&人工知能ビジネス2020』を発行
日経クロストレンドは、2020年の2大技術トレンド「5G」と「AI」の最新動向をまとめたムックを発行しました。5GとAIに関する有力企業による取り組みを多数紹介するほか、一歩先の未来を見通すためのキーワードを専門家が解説。AIを体感できる街中のスポットを紹介する「東京AIマップ」も収録しています。
[アマゾンで購入する]