中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)のゲーム事業「騰訊遊戯(テンセントゲームズ)」は2020年3月3日、世界で初めて次世代通信規格「5G」に対応したゲーム用スマートフォン「騰訊黒鯊3(テンセントブラックシャーク3)」の通常版とPro版を同時にリリースした。ゲーム用スマホメーカー「黒鯊科技(ブラックシャーク)」と共同で開発している。

リリースされた世界初の5Gゲーム用スマートフォン「騰訊黒鯊3(テンセントブラックシャーク3)」 の通常版とPro版(テンセントのリリースより)
リリースされた世界初の5Gゲーム用スマートフォン「騰訊黒鯊3(テンセントブラックシャーク3)」 の通常版とPro版(テンセントのリリースより)

 今回リリースされたスマートフォンは、騰訊黒鯊(テンセントブラックシャーク)として3代目となるが、設計はこれまでと大きく変わっている。2代目までは、スマホの中身こそゲームにより特化しているものの、外側部分は一般的なスマホとほぼ変わらなかった。

ゲームプレーに便利な操作ボタンを設置

 これに対し、3代目ではスマホを横向きに持った際に、ゲームプレーに便利なボタンが右上と左上に設置される仕様になっている(使用しない際は収納可能)。

騰訊黒鯊3を横向きに持った際、右上と左上にボタンが設置されている(テンセントのリリースより)
騰訊黒鯊3を横向きに持った際、右上と左上にボタンが設置されている(テンセントのリリースより)

音声でのゲーム操作も可能に

 音声操作が可能なユーザーインターフェース「JOYUI11」も搭載している。ユーザーはこれまでゲーム内のキャラクターをボタンや画面へのタッチで操作していたが、騰訊黒鯊3では音声での操作も可能になる。画面タッチとボタン、音声の3つを組み合わせて操作できることで、より効率的な操作が可能になり、ユーザーのゲーム体験を向上させている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>