2019年6月11日、中国EC最大手のアリババ集団のAI(人工知能)プロダクト開発部門「阿里巴巴人工知能実験室(アリババAIラボ)」とホンダが、アリババのAIスピーカー「天猫精霊(ティーモール・ジニー)」を、ホンダが日系自動車メーカーとして初めて、中国で販売する車の車載システムに導入すると共同発表した。独アウディと仏ルノーは既に導入を進めており、関連製品を展示して注目を集めた。

アリババとホンダの提携は、中国の上海で開催された家電IT(情報技術)の見本市「CESアジア」で発表された
アリババとホンダの提携は、中国の上海で開催された家電IT(情報技術)の見本市「CESアジア」で発表された

 中国の上海で開催された家電IT(情報技術)の見本市「CESアジア」で発表された。ホンダはアリババのティーモール・ジニーを、車載システム「ホンダコネクト」に将来、導入する。またホンダは今後、アリババAIラボと共同で、アリババのAI技術とアリババ独自のエコシステム(アリババが幅広くサービスを提供している経済圏)をコラボレーションさせながら、イノベーションを模索していく考えだ。

 アリババのティーモール・ジニーは、自動車メーカーに対して音声認識、自然言語処理などのAI技術を提供し、自動車とドライバーの間にスマートでインタラクティブな会話を実現する。アリババのティーモール・ジニーを車載システムに導入することで、ドライバーはアリババの持つ幅広いサービスを享受できるようになる。ティーモール・ジニーに話しかけるだけで、音楽などのコンテンツ配信、ニュースや天気といった情報の収集、デリバリーでの注文、ネットショッピング、スマート家具の遠隔操作など、アリババが提供するあらゆるサービスを一つのシステム上で享受できる。