中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)の傘下で、中国音楽ネット配信最大手の騰訊音楽娯楽集団(テンセント・ミュージック・エンターテインメント・グループ)は2019年2月20日、同業であるDNV音楽グループの音楽ストリーミング配信サービス「豆瓣(ドウバン)FM」に投資した。ドウバンFMのブランド力を強化するのが狙いだ。

DNV音楽グループがテンセントから戦略投資を受けたことを発表した
DNV音楽グループがテンセントから戦略投資を受けたことを発表した

 テンセントはドウバンFMに対し、資金面のサポートだけでなく版権や豊富な音楽コンテンツも提供する。ドウバンFMはテンセントからの融資資金(金額は非公開)とコンテンツを用いて、改良が期待される新たなバージョン「豆瓣FM 6.0」のリリースを予定し、劣勢に陥りつつあった中国国内の音楽配信業界でリベンジを目指す。

 従来のUI(ユーザーインターフェース)を調整し、機能も改善させる。同時に、余計なコンテンツに気を取られず、音楽の視聴に集中できる純粋な音楽メディアを目指し、ユーザーの使用体験を向上させる。

 良質な音楽をリコメンドするアルゴリズムもさらに強化する。ユーザーの音楽鑑賞履歴などのデータから好みを分析し、ニーズに合った音楽をリコメンドする。また、置かれた環境や気分などに合わせたソングリストを豊富に用意することで、その時のユーザーの状況に適切な音楽をユーザーに提供する。