中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)は2018年9月14日、車と道路が相互に通信して連携する「アポロ車路協業計画」を発表した。年末の連携開始を予定する。同社の自動運転開発プロジェクト「アポロ」を基盤として、人と車と道がつながるスマート交通の構築を目指す。

 車と道路の連携により、車に加えて道路側でも感知能力が備わることとなる。双方で感知の幅を広げ、運転における安全性をさらに向上させる。

試験用の道路交差点に設置される、センサーの搭載された信号機の様子(バイドゥのサイトから)
試験用の道路交差点に設置される、センサーの搭載された信号機の様子(バイドゥのサイトから)