インターネット検索中国最大手の百度(バイドゥ)は2018年5月17日、2019年の北京国際園芸博覧会のグローバルパートナーとなる提携契約を交わした。世界をリードするテクノロジー企業として博覧会のデジタル化を推進する狙いがある。

バイドゥは北京国際園芸博覧会のグローバルパートナーとなる提携契約を交わした(同社のサイトより引用)
バイドゥは北京国際園芸博覧会のグローバルパートナーとなる提携契約を交わした(同社のサイトより引用)

 北京国際園芸博覧会(北京世園会)は花や庭園などを対象にした国際的な博覧会である。日本では「花博」として認識されている。08年の北京オリンピック、10年の上海万博に続き、中国内で開催される最大規模の博覧会である。期間は19年4月から10月である。

 100カ国以上の国や国際機関、国内の100以上の省、自治区、直轄市、国内外の専門機関、企業などの参加団体を集め、参加者はのべ1600万人以上にもなると予測されている。