中国ネット大手の百度(バイドゥ)は2018年3月22日、北京市公安局から自動運転試験用の臨時の専用ナンバープレートを授与した。バイドゥが推進する自動運転の開発連合「アポロ計画」の推進に大きな節目となる。