調査会社のインテージは2017年11月、スマートテレビ視聴データを提供するサービス「Media Gauge TV」の提供を開始した。また、18年10月より全国のCMマスターを整備して視聴データと組み合わせたデータも提供予定だ。さらにインテージが持つ購買、販売データと組み合わせることで、より細かなテレビCMの出稿プランの検討が可能となる。そのお値段は……。

 Media Gauge TVでは、日本全国約70万台のスマートテレビのリアルタイム視聴のデータと、約60万台の録画機のタイムシフト視聴のデータを提供する。メーカーが持つ利用者のリモコン操作ログを複数社から収集。インテージがこれまで培ってきたデータ処理ノウハウを生かして、フォーマットが異なる各社のデータに適切な処理をして一つのデータへ加工し、データの価値を高めている。都道府県別に15秒単位での細かい分析が可能だ。

 顧客企業のBIツールへインテージのデータを連携するソリューション「INTAGE connect」を通じてデータ提供する。利用企業は社内で運用するBIツール上で分析できる。前日のサマリーデータが翌日午後には分析可能になる。

補正、処理内容をオープンに

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>