地理的なデータがあるときは、地図で表してみよう。地図で表すと、見た目にインパクトがあるだけでなく、地理的な関係も自然に考慮して読み解ける。その場合、点、面、線の3つの特徴を踏まえて使い分けるとよりインパクトが増す。

 地理的なデータがあるときは、地図で表してみよう。地図で表すと、見た目にインパクトがあるだけでなく、地理的な関係も自然に考慮して読み解ける。

 地図上に表すことができるビジュアルのタイプは、点・面・線の3つに大きく分けられる。それぞれの特徴を生かしたビジュアルを順に見ていく。今回は、交通に関する国土交通省のデータを主に使う。

地図から得られる気づき

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>