@Yam_eye・2014年02月08日 アトリエは、今のところ積雪5センチ。外出はあきらめてお布団に戻る。

著者のアトリエに設置したフィットネスバイク
著者のアトリエに設置したフィットネスバイク

 私のアトリエは小高い丘の上にあり、森に囲まれている。斜面から少し突き出すようにテラスが設けられ、前方には武蔵野の大地が広がる。得難いシチュエーションが気に入って、20年ほど前からここに住み始めた。それまではしょっちゅう引っ越していたので、こんなに長くここにいるとは予想しなかったが、今でも案外、飽きていない。

 周囲の森には大小の広葉樹が雑多に広がる。整備された公園ではないので、コナラ、クヌギ、ミズキなどの巨木に藤が絡まり、互いに日照権を争ってひしめき合う。台風の翌日には大きな樹が根元から折れて、主役が入れ替わっていることもある。20年も窓から眺めていると、森というものは少しずつ変わっていくものなのだなと実感できる。

 鳥の声は一年中聞こえるが、春から夏にかけては特に騒がしい。スマートフォンの睡眠設定の中には、穏やかな目覚めのための鳥のさえずりが設定されているが、ここではナチュラルに鳥たちに起こされる。聞き取りやすいウグイスの声はひときわ目立つが、ヒヨドリやメジロ、最近はガビチョウの声もかしましい。夏と秋は虫の声も加わって、それらがいつも背景音になっているが、案外不快ではない。進入してくる虫は多い。アシダカグモのおかげでゴキブリはめったにいないが、オオムカデには慣れっこになってしまった。

 秋の紅葉が終わり、枝ぶりがあらわになる頃には随分静かになる。多摩エリアでも雪が深い北斜面なので、年に1、2度、15センチ以上の積雪がある。本当に無音になるため、雪が吸音材であることを体感する。積雪は長くはもたない。北風にあおられてたっぷりと雪を貼り付けた枝も、大抵1日で乾いた色に戻る。やがて少し暖かくなってくると、スズメバチの越冬女王が朝の巡回でガラスをコツコツたたいて、春の到来を告げる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>