@Yam_eye・2012年10月21日
 「デザイナーでありエンジニアでもある」なんて自分で言うから窮屈なのかもしれない。「デザイナーまたはエンジニア、あるときは科学者、あるときは漫画家」ぐらいにしとくと少しは自由になれそうな気がする。

Cyclops:2001年のこのロボット作品は、東京大学稲葉研究室の「背骨を持つロボットの研究」をベースにしている。私にとっては、最初のトレジャーハントだった
Cyclops:2001年のこのロボット作品は、東京大学稲葉研究室の「背骨を持つロボットの研究」をベースにしている。私にとっては、最初のトレジャーハントだった
[画像のクリックで拡大表示]

 書籍や雑誌で私のプロフィールに添えられる肩書きは、プロダクトデザイナーだったり、インダストリアルデザイナーだったり、あるいは単にデザイナーだったり、ときに大学教授だったりする。なんでこうでたらめなんだと思っていたが、自分の肩書きの無頓着さにあるとき気がついた。編集者やインタビュアーに「肩書きは◯◯◯◯でいいですか」と聞かれると、なんとなく「それでいいです」と答えてしまってきたのだ。