Q&A法律の森
データ活用やデジタルマーケティング、新製品開発などを実施する際に起こりうる、法務的なトラブルや疑問をとりあげて、各弁護士の見解を聞く。
  • 「表現の不自由展」騒動は違法? パブリック・フォーラムと税金
    2019.11.19
    「表現の不自由展」騒動は違法? パブリック・フォーラムと税金
    今年の流行語候補になってもおかしくない「表現の自由」と「あいちトリエンナーレ」(あいトリ)。『表現の不自由展・その後』の展示への批判、その中止と再開、文化庁の助成金不交付決定などを巡って世論は沸いた。これらは法的に問題はないのか。芸術文化の現場に詳しい福井健策弁護士に聞いた。
  • デジタル通貨「リブラ」はどのように規制されるのか
    2019.11.07
    デジタル通貨「リブラ」はどのように規制されるのか
    2019年10月23日、米議会の公聴会で米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)がデジタル通貨「Libra(リブラ)」について証言した。リブラについては、各国の金融当局が強い懸念を示し、米クレジットカード大手のビザなど7社がリブラ協会の正式発足前に離脱するなど難しい局面に立たされている。今回は、弁護士の二木康晴氏にリブラの法的性質について聞いた。
  • ネットに投稿された自社攻撃に対して取るべき対応は?(前編)
    2019.10.29
    ネットに投稿された自社攻撃に対して取るべき対応は?(前編)
    自社に対する誹謗(ひぼう)中傷がネット上に投稿されていたらどのような対応をしたらよいか。差し当たって問題投稿の削除、投稿が繰り返されるようであれば投稿者を特定して止めさせたいところだ。では具体的にどのような手続きが必要になるか。2回にわたって企業の誹謗中傷対策に詳しい清水陽平弁護士が解説する。
  • eスポーツの高額賞金に関わる法規制で議論が進展【後編】
    2019.10.23
    eスポーツの高額賞金に関わる法規制で議論が進展【後編】
    海外のeスポーツ大会では優勝者・入賞者に高額賞金が提供されるのが一般的だが、日本国内では高額賞金の提供が各種の法規制に抵触する恐れが大きいとされてきた。後編では、eスポーツ大会と賭博罪、風営法との関連について、中崎尚弁護士に聞いた。
  • eスポーツの高額賞金に関わる法規制で議論が進展【前編】
    2019.10.21
    eスポーツの高額賞金に関わる法規制で議論が進展【前編】
    海外のeスポーツ大会では優勝者・入賞者に高額賞金が提供されるのが一般的だが、日本国内では高額賞金の提供が各種の法規制に抵触する恐れが大きいとされてきた。議論のポイントおよび先日のJeSUの活動報告を含む最新の状況を、中崎尚弁護士に聞いた。
  • ミッキーマウスの著作権が2023年終了 喜べない日本の複雑な事情
    2019.10.15
    ミッキーマウスの著作権が2023年終了 喜べない日本の複雑な事情
    ミッキーマウスの米国での著作権が2023年に切れる。世界でのキャラクター収入が年間5000億円とも言われる(ロイター2016年報道)超人気キャラの権利が切れるとなれば、キャラクタービジネス界を揺るがす大事件だ。ミッキーマウスを題材に、キャラクターの保護期間に関する論考を公表した福井健策弁護士に尋ねた。
  • 「炎上」直後の企業の対応策は、スルー? おわび? 反論?
    2019.09.24
    「炎上」直後の企業の対応策は、スルー? おわび? 反論?
    Webニュース記事の見出しで「炎上」の文字を見ない日はないほど、日常的になっている炎上トラブル。いざ自社がその対象となったら、どう対応すべきなのか。ネット炎上対応やネット中傷の削除・発信者情報開示請求などの案件に多数立ち会ってきた清水陽平弁護士に聞いた。
  • AIによる契約書レビューは実用の域に達しているか
    2019.09.20
    AIによる契約書レビューは実用の域に達しているか
    企業の法務部や法律事務所において日常的に発生する契約書のレビュー業務。これをITの活用で効率化するツールがいくつか登場している。今回はその1つ、LegalForce(東京・千代田)への取材を通じ、高橋喜一弁護士がAI(人工知能)による契約書レビューの到達点を解説する。
  • 肖像権と「モザイク」社会──人の写真をどこまで出していいか?
    2019.09.10
    肖像権と「モザイク」社会──人の写真をどこまで出していいか?
    著作権や個人情報と並び、現場の頭を悩ませる権利問題、それが「肖像権」だ。万人が発信者の情報社会、至るところに人の姿は写り込み、拡散される。そこには肖像権があって、侵害すると大変だとは分かっている。だが肖像権を正しく理解している人は少ない。権利問題に詳しい福井健策弁護士に助けを求めた。
  • AIビジネスにおける炎上しないデータ活用とは
    2019.08.27
    AIビジネスにおける炎上しないデータ活用とは
    就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアは2019年8月5日、学生の内定辞退率を採用企業に提供するサービス『リクナビDMPフォロー』について、学生7983人から同意を得ていなかったと発表し、同サービスを廃止した。弁護士の二木康晴氏に、AI(人工知能)ビジネスでデータ活用する際の注意点を聞いた。
  • サブスクリプションビジネスを進めるうえでの法的な問題点とは?
    2019.08.20
    サブスクリプションビジネスを進めるうえでの法的な問題点とは?
    キリンビールや資生堂といった大手企業が新規参入するなど、サブスクリプションビジネスが注目を浴びている。今回は、それらの類型を解説し、最も問題となる利用料の値上げの際に事業者が注意すべき点などについて、フランテック法律事務所代表の金井高志弁護士に解説してもらった。
  • 芸能人と事務所契約はどうなっているのか──その基本と課題
    2019.08.06
    芸能人と事務所契約はどうなっているのか──その基本と課題
    記憶に新しい吉本芸人問題。反社会的勢力との交流、闇営業の是非と芸人たちの懐事情、「涙の逆襲会見」から吉本経営陣のパワハラ疑惑へと、番組報道はさながら日替わり公開審問の様相を呈した。公正取引委員会さえ関心を示す芸能人と事務所の契約事情について、その仕組みと課題を福井弁護士に聞いた。
  • ストレスチェックを「最低限の義務」ではなく戦略的分析手段へ
    2019.07.30
    ストレスチェックを「最低限の義務」ではなく戦略的分析手段へ
    2015(平成27)年12月に改正労働安全衛生法が施行され、一定規模の企業は従業員のストレスチェックの定期的な実施が義務付けられた。そのためのソリューションをクラウド上で提供する企業も多い。その1つ、ラフール(東京・中央)への取材を通して、高橋喜一弁護士が従業員のメンタルマネジメントの最前線を追った。
  • 自動運転普及の下地になるか──道路運送車両法および道交法改正
    2019.07.24
    自動運転普及の下地になるか──道路運送車両法および道交法改正
    自動運転の普及の障害としてしばしば指摘されてきた国内の法規制のうち、道路運送車両法および道路交通法が、2019年5月に改正された。改正のポイントと、メーカーをはじめとする自動運転に関わる関係者が留意すべき点を、アンダーソン・毛利・友常法律事務所の中崎尚弁護士に聞いた。
  • AIは犯罪を防げるか──現状と課題を読み解く
    2019.07.19
    AIは犯罪を防げるか──現状と課題を読み解く
    2019年6月29日、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)が閉幕した。開催に当たり、大阪府警などが警察官3万2000人を動員するなど最高レベルの警戒態勢が敷かれた。20年夏には東京五輪も控えており、防犯やテロ対策などの重要性が高まっている。弁護士の二木康晴氏に、AI(人工知能)による犯罪予測について聞いた。
  • ジェンダー表現を規制するような法や自主ルールはある?
    2019.07.09
    ジェンダー表現を規制するような法や自主ルールはある?
    前回『後を絶たない「ジェンダー炎上」 その分類から対策を見通す』は、ジェンダー炎上した事例を(1)「エロ・セクシュアル型」と(2)「ステレオタイプ型」の2つに大きく分類して分析した。今回は、それらの分類を踏まえて、フランテック法律事務所代表の金井高志弁護士に、ジェンダー表現に関する法的規制や自主ルールの有無などについて聞いた。
  • ブーム到来!? 日本コンテンツをどう売る~海外リメーク契約入門
    2019.07.02
    ブーム到来!? 日本コンテンツをどう売る~海外リメーク契約入門
    日本のマンガ・アニメ・ゲームが海外で人気だ。そして言うまでもなく、コンテンツ海外進出のカギは「契約」である。たいていは難解な英文契約で、専門家も専門の解説書も少ない。そこで、今回は過去最大のブームと言ってよい海外リメーク契約について、ライツビジネスをするなら知っておきたい基本を福井健策弁護士に伺った。
  • データビジネス活性化の切り札か~2020年個人情報保護法改正
    2019.06.25
    データビジネス活性化の切り札か~2020年個人情報保護法改正
    2019年4月25日、個人情報保護委員会より「個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直しに係る検討の中間整理」が公表され、5月27日まで意見募集が行われた。今回の中間整理の性格とその内容、今後の展開について、データビジネスやオンラインマーケティングへの影響という観点から、アンダーソン・毛利・友常法律事務所の中崎尚弁護士に聞いた。
  • 広がるドローン配送に法的問題はあるのか
    2019.06.20
    広がるドローン配送に法的問題はあるのか
    2019年6月、米アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)は、ラスベガスで開催されたAIカンファレンス「Amazon re:MARS」において、数カ月以内にドローンを使った配送を始めると発表した。今回は、弁護士の二木康晴氏に、ドローンによる配送の現状と法的な問題について聞いた。
  • 後を絶たない「ジェンダー炎上」 その分類から対策を見通す
    2019.06.04
    後を絶たない「ジェンダー炎上」 その分類から対策を見通す
    最近、女性を性的対象としたエロ・セクシュアルな表現や女性だけが家事・育児をするのが当然であるといったステレオタイプ的な表現など、ジェンダー(性差)表現に関する広告がいくつか問題視されている。フランテック法律事務所代表の金井高志弁護士に、多様な受け手から共感が得られないような宣伝広告の問題について聞いた。

関連特集・連載

2020年に躍進 スタートアップ新潮流
2020年に躍進 スタートアップ新潮流
全5回
デザイン思考 成功と失敗の分かれ目
デザイン思考 成功と失敗の分かれ目
新国立競技場が創る未来のカタチ
新国立競技場が創る未来のカタチ
MaaS & スマートシティ最新報告
MaaS & スマートシティ最新報告
全9回