WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスの感染拡大についてパンデミック(世界的大流行)の状況にあると発表した。経済活動にも深刻な影響が出ているが、日々の業務が止まっているわけではない。新型コロナ関連で生じる問題や疑問が発生していると思われ、筆者の元にも相談が寄せられている。

新型コロナウイルスが広まる中でも、仕事を休めない従業員は多い(写真/Shutterstock)
新型コロナウイルスが広まる中でも、仕事を休めない従業員は多い(写真/Shutterstock)

Q1 従業員の感染が発覚した場合、企業はこのことを公表する必要はあるか。

A1  公表するかどうかについて、特にルールがあるわけではないため、「公表する必要がある」とはいえない、ということになる。実際に公表するかどうかは、ケース・バイ・ケースで判断するしかない。

Q2 ケース・バイ・ケースというが、一般論として、どういうケースだと公表すべきだといえるのか教えてほしい。

A2 当該従業員がどのような業務に就いていたのか、を考えるべきだ。不特定多数の人に接する業務をしていた場合には、不特定多数に感染を拡大させてしまっているリスクが生じる以上、公表する方向に判断が傾くと思われる。

従業員の感染を公表する場合、対策も併せて公表すべきだ

Q3 公表する場合はどのような点に留意すべきか。

A3 公表することで無用な混乱を招くことは避けなければならない。そのため、感染経路が判明しているのであればそれを、また、濃厚接触をしている可能性がある人物がどのくらいおり、その者らが感染しているのかの調査状況、当該社員からの拡散防止のためにどのような措置・対策を取ったのかは、併せて公表すべきだ。

 また、飲食店などの店舗であれば、周辺の店舗にも悪影響が出てくる場合がある。そのため、公表について事前に根回しをしておき、可能であれば周辺店舗で感染についての対応を取っていることなども併せて公表した方がよい場合もあるだろう。

Q4 従業員の感染を公表しないまでも、社内には告知すべきか。

A4 労働基準法、労働安全衛生法は「労働者の安全と健康を確保する」ことを要請しており、一般的に会社には従業員に対する安全配慮義務があるとされている。感染についての告知に明確なルールがあるわけではないが、安全配慮義務の観点からすれば、社内で感染者が出たことは告知すべきだろう。

Q5 同じビルの他のテナントにも伝えるべきか。

A5 義務があるわけではないが、感染拡大の防止という観点からは同じビルの他のテナント程度には伝えるべきだ。

Q6 社内や同じビルの他のテナントに告知する場合、病気に罹患(りかん)したというのはプライバシーに関わる内容なので、何か手続きが必要になるか。

A6 名前を出さなくても告知をすることは可能ではあるが、告知について本人の同意を取っておけば問題は生じない。仮に同意がなくても、正当な理由に基づくものであるため、プライバシー侵害とはいえないだろう。また、個人情報保護法上も、人の生命、身体の保護や公衆衛生の向上といった観点から第三者提供が許される場合といえる。