※「最新マーケティングの教科書2019」(2019年1月9日発行)の記事を再構成

ユーザーに近い、ネットワークの「エッジ(縁)」でデータを収集・処理するという考え方。「通信量削減」「セキュリティー」「低遅延」という3つのメリットをもたらす。高速応答が求められる自動運転などの分野でも、不可欠な技術になりつつある。

 ネットワーク上のサーバーにデータを集約し、そこで一元管理しながらデータを処理する。その結果は手元のパソコンやスマートフォンといったデバイス端末で閲覧する──。現在、企業が当たり前に利用しているクラウドコンピューティングはこのような利用法だ。

 ところが、IoTが現実となり、店舗や家庭などに設置された膨大な数のセンサーから日々、大量のデータがサーバーに送られてくるようになると、クラウドコンピューティングでは費用対効果が悪いことが明確になってきた。データをサーバーに送信する際に通信帯域を圧迫するし、クラウド上の高価な企業向けストレージに大量のデータをそのまま記録していくのは、コストがかかる。

クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの考え方の違い
クラウドコンピューティングとエッジコンピューティングの考え方の違い

 そこで登場したのが、データをクラウド上のサーバーに集約せず、ネットワークの「エッジ(縁)」に分散して保持し、そこで処理して、必要なデータだけをクラウド上に送るエッジコンピューティングという考え方だ。

企業のコンピューターシステムにおける集中型と分散型の技術サイクル
企業のコンピューターシステムにおける集中型と分散型の技術サイクル

 企業のコンピューターネットワークの考え方は、これまで集中処理と分散処理の間を行き来してきた。中央に置いた汎用機にあらゆるデータを集めて一括処理する「集中処理」の時代から、ユーザーの手元にあるクライアントコンピューターとネットワーク上のサーバーを組み合わせて使う「分散処理」の時代に変わり、再びクラウド上のサーバーで「集中処理」する時代へと変遷してきた。今後は、エッジとクラウドの使い分けになる可能性が高い。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>