※「最新マーケティングの教科書2019」(2019年1月9日発行)の記事を再構成

YouTubeやInstagram、TikTokで注目を集める人気者を活用したマーケティング手法。商品を撮った動画などを見てもらうだけでなく、ライフスタイルへの共感を視聴者に求めることも増えた。アンバサダーマーケティング、ファンマーケティングへと範囲が広がり、メッセージの訴求力が高まっている。

Instagram上のインフルエンサーを新型車発表会へ招待した、メルセデス・ベンツの事例
Instagram上のインフルエンサーを新型車発表会へ招待した、メルセデス・ベンツの事例

 もともとは、企業が商品やブランドを売り出す際、ターゲット層に影響を与える人=「インフルエンサー」を見つけ、そこにアプローチすることで好意的なメッセージを広げる手法を指していた。Twitterなどのソーシャルメディアが普及した最近では、それらをプラットフォームと位置付け、その中で注目を集めるインフルエンサーを起用し、情報を効果的に拡散させていくマーケティングを指すようになっている。

 よく知られているのが、動画投稿サイトのYouTube上で人気の高い投稿者、ユーチューバー(YouTuber)を起用した「ユーチューバータイアップ広告」だ。企業が自社商品やブランドの宣伝のためにユーチューバーに動画の制作を依頼するもので、2015年から日本でも急速に伸び始めた。

Instagramでのスポンサード投稿数とスポンサード投稿を行うインスタグラマーの平均フォロワー数の推移
Instagramでのスポンサード投稿数とスポンサード投稿を行うインスタグラマーの平均フォロワー数の推移
出所:THECOO。注:国内の公開アカウント約3000を対象に、「PR」「提供」などスポンサー表記のある投稿を「スポンサード投稿」と定義して数えた。2015年度第3・四半期から、四半期ごとの数を示した

 企業と動画投稿者のマッチングを図るサイト「アイコンキャスト」を運営するTHECOO(ザクー、東京・渋谷)が調査したユーチューバータイアップ広告の動画本数は15年以降に急増。日本でもInstagramが普及した15年から16年にかけて、Instagram上の人気者をインフルエンサーとして起用する動きが強まった。同じくTHECOOの調査では、Instagram上で広告主からスポンサードを受けてから投稿するスポンサード投稿の数は急増している。