※ムック『この1冊でまるごとわかる 人工知能&IoTビジネス 2018-19』掲載の記事を再構成

ECに侵食され続けた実店舗だが、リテールテック(流通におけるテクノロジー活用)の中でもAI(人工知能)の活用で巻き返しを図る動きが始まっている。AIを利用して、顧客の行動を取得して分析。店舗のオペレーションや品ぞろえ、レコメンドに多面的に活用する。

「リテールテック」店舗をAIの実験に使い破壊的競合相手に対抗(画像)

 米国のアマゾン・ドット・コムを代表とする国内外のネット小売企業(EC企業)による、従来型小売業に対する侵攻が始まっている。予測もできないような死角から突然市場に進出してお客を奪っていく“ディスラプター”とも呼べる破壊的イノベーターである。

 この破壊的変化の時代を生き抜くには、寡占化とAIやITによる効率化が不可欠だという考えに至った。そこで、トライアルカンパニーが2018年2月14日に福岡市にオープンしたのが日本初と言えるスマートストア「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」だ。

スーパーセンタートライアルのアイランドシティ店の棚割
スーパーセンタートライアルのアイランドシティ店の棚割

 AIやITの活用で実現を目指すのは顧客の購買体験の支援や向上だけではない。店舗マネジメント側の効率化におけるイノベーションにも活用していく。「顧客データのより高度な活用」「売り場や棚割りの状態管理」「顧客の店内行動可視化と販売促進への活用」に挑んでいる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する