未来学者が読む「トレンドの転換点」
気鋭の未来学者として活躍するエイミー・ウェブ米フューチャー・トゥデイ・インスティチュート創業者は、次に台頭するトレンドを予測する助けになる方法を編み出した。米政権幹部や大手企業CEOにも助言するウェブ氏に、今まさに変わりつつあるトレンドを専門家の目で読んでもらう。
  • 未来学者が提案、来るトレンドを見極める「転ばぬ先の5つの質問」
    第4回
    2018.06.21
    未来学者が提案、来るトレンドを見極める「転ばぬ先の5つの質問」
    未来は、完全にでき上がった形では訪れない。新たに出現した1つか2つのトレンドばかりに集中する組織は、大きな構図を見落とし、その結果、リスクとチャンスを見逃す。では未来のトレンドはどう予測すればいいのか? 断言するが、未来を予測する方法はない。弱いシグナル同士を結び付けるのに専念すべきだ。そのために、複数のトレンドに同時に注目しよう。思考を広げる5つの質問が助けになる。
  • AIの創造性、クリエイティブ系の人たちこそ注目すべき
    第3回
    2018.05.24
    AIの創造性、クリエイティブ系の人たちこそ注目すべき
    創造性は人間の本質ではなかったか? もはやそうではない。米大などの研究者グループが作ったアルゴリズムによる絵画は、人間が手掛けたものかどうか専門家は区別できなかった。音楽にしても、AIが作曲している例はすでにある。筆者が創設した組織フューチャー・トゥデイ・インスティテュートの研究では、数年内に、設計・デザインのさまざまな過程を自動化するAIツールがたくさん誕生すると予測している。
  • 顔認証は新たな“指紋” 取り換えできない顔を使う好機とリスク
    第2回
    2018.05.11
    顔認証は新たな“指紋” 取り換えできない顔を使う好機とリスク
    未来学者で『シグナル 未来学者が教える予測の技術』の著者でもあるエイミー・ウェブ氏の連載2回目。顔認証技術は今や世界中で開発が進む。iPhone Xは顔でロック画面を解除できるし、中国では顔で開錠できる車もある。便利な半面、プライバシー侵害や大規模な監視社会につながるリスクもはらむ。米国ではすでに集団訴訟が起こりつつある。我々は「自身の目をしっかり見開き、この新しい世界にアプローチすべきだ」と同氏はいう。
  • 中国はAI時代の“OPEC” 不意を突かれる米国、チャンス逃す日本
    2018.04.26
    中国はAI時代の“OPEC” 不意を突かれる米国、チャンス逃す日本
    未来学者としてフューチャー・トゥデイ・インスティテュートを創設し、『シグナル 未来学者が教える予測の技術』の著者であるエイミー・ウェブ氏が、今注目すべき世界のトレンドを伝える連載の第1回。ウェブ氏は中国のAI研究の勢いを指摘し、日本のAI研究の資金不足が続くと、「日本は人材と市場シェアを中国に奪われるだけでなく、兆しとして見えてきた絶大なチャンスも逃す」と指摘する。

関連特集・連載

未来学者が読む「トレンドの転換点」
未来学者が読む「トレンドの転換点」