デザインの概念の広がりとともに、企業におけるデザイン思考の活用範囲は拡張し、分化してきた。背景には、多くの業界で進んでいる20世紀型組織から21世紀型組織への転換がある。産業の今後主流になる21世紀型組織で、デザイン思考と広義のデザインがこれから果たしうる役割を考える。