数々の大手企業でのブランドマネジャーやCMO(最高マーケティング責任者)経験を持つ音部大輔氏が語るマーケティング論。普段は気付きにくい独自の「視点」を提供していく。
  • 第29回
  • 2019.07.18
音部大輔氏が教える 経営統合による部門のサイロ化を防ぐ方法
企業規模の拡大によって部門間の連携が取れずサイロ化(孤立化)してしまう。この議題に対して、クー・マーケティング・カンパニーの音部大輔社長、CARTA HOLDINGSの宇佐美進典会長、サイバー・コミュニケーションズ(cci)の目黒拓副社長が組織の構築法について議論した。
  • 第28回
  • 2019.04.26
一流のプロフェッショナルとは?【対談】音部大輔×内田和成
書籍『マーケティングプロフェッショナルの視点』発刊を記念した連載の番外編は、コンサルの“プロフェッショナル”と呼ばれる早稲田大学ビジネススクール教授の内田和成氏と音部大輔氏の対談。プロフェッショナルの条件を語り尽くした。「戦略の左脳」と「本能の右脳」で議論は盛り上がった。
  • 第27回
  • 2019.03.27
(最終回)これからのマーケターへの提言
いろいろな変化が継続的に発生しているときに、マーケターは何をすべきだろう。マーケティングプロフェッショナルがマーケターであるなら、その本義は「いい〇〇」の定義を変え、市場創造をすることにある。自分はどういった役割で市場創造に貢献できるのか、見極めてみることも役に立つかもしれない。
  • 第26回
  • 2019.03.13
AI時代の優秀なマーケターとは何か
複数の企業がマーケティング業務をAI(人工知能)で支援するサービスを始めている。AIは人の仕事を奪うのか、それとも人の能力を強化するのか。もしマーケティング業務向けのAIが、人間としての思考に集中できる環境を用意してくれれば、マーケターは改めてその資質を問われるだろう。
  • 第25回
  • 2019.02.27
ブランドベネフィットを魅力的にし、競合に勝つためのある経験則
消費者が製品を欲しいと思うのは、その性能ではなく得られるベネフィット(便益)による。あまり知られていないが、そのベネフィットを最大限に発揮させる経験則がある。例えばオムツは、「赤ちゃんが機嫌良く、愛想良くいられる」製品が選ばれるだろう。それはつまりどういうことだろうか──。
  • 第24回
  • 2019.02.13
マーケ活動の設計図「パーセプションフロー・モデル」の効用
マーケティング活動全体の設計図となる「パーセプションフロー・モデル」は、消費者のブランドに対する認識や知覚=パーセプションをベースにしたモデルだ。前回の概要に続き、今回はその効用を解説する。ピアノソロと交響楽団の違いを思い浮かべると理解しやすいが、何だか分かるだろうか。
  • 第23回
  • 2019.01.30
マーケ活動の設計図「パーセプションフロー・モデル」とは?
マーケティング活動全体の設計図となる「パーセプションフロー・モデル」は、消費者のブランドに対する認識や知覚=パーセプションをベースにしたモデルだ。ブランドの認知、興味、購入、使用を経て、満足、再購入、口コミという経路をベースに、変化を促すためのメッセージやメディアを記述していく。
  • 第22回
  • 2019.01.16
自社ブランドを強力にするのは「設計図」 記すべき8項目とは
生物種の名前のよりどころとなる正基準標本のことを「ホロタイプ」と呼ぶが、実はブランドにもこのホロタイプが存在する。定義することで多面的な活動に一貫性を保ちやすくなる。今回はその8項目を説明する。強力なブランドを作るためには、主な項目は全社で共有したい。
  • 第21回
  • 2018.12.26
なぜ「20代女性」がターゲット消費者なのか、自問してみよう
生活のデジタル化は大量のデータを生み出し、マーケティング活動の効率化に変革をもたらした。忘れるべきではないのは、データは大量の数字の羅列という様式を取るが、本質は消費者の体験や活動を数値で置き換えたもの、ということ。データを「数字」として認識した時点で、意義を失いかねない。
  • 第20回
  • 2018.12.12
「マーケティングのデジタル化とは何か」を考える
マスマーケティングとデジタルマーケティングは対立するものとして語られるが、消費者の期待をよりよく超える、という意図は変わらない。弘法筆を選ばず──マーケターは目的に対して最適な“筆”を選べる姿を目指すべきだ。そのためにマーケティングにおけるデジタル化とは何かを整理して理解しよう。

関連特集・連載

本日更新
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回
本日更新
Japan Expo、コンテンツ海外展開の今
【PR】パソコンが育む子どもの可能性
令和最初の夏 読むべき本はこれだ!
全7回