約3万人を対象としたインターネット調査により、日本人の消費生活の実態に迫る連載企画。若年層がよく利用するカフェやファストフード店を見ていくと、選ばれるのは、安くてうまくて早いに加えて、ポジションが明確な店。今話題のタピオカを扱う台湾茶専門店「Gong cha」の人気も急上昇している。

 街にあふれるカフェやファストフード店。遅めの時間のランチなど、時間帯にかかわらず食事できる店も多く、仕事や読書をしてもいい。たとえ安価なコンビニコーヒーがはやっても、ちょっとした出費で自由度高く過ごせるこうした店は、どこもそれなりに混み合っている。

 今回は、ブランドデータバンクが約3万人に聞いた「よく利用するカフェ・ファストフード店」から、20~24歳のデータを抽出。男女に分けて、10~60代の全世代のデータと比較した。

 各世代の毎月の小遣いを調べると、20~24歳男性の平均小遣いは2.6万円、20~24歳女性は2.7万円、10~60代までの男女全体は3.1万円だ。小遣いにそこまで大きな開きはないとすると、それぞれ選ぶ基準はいったいなんだろうか。以下、女性と男性の「よく利用するカフェ・ファーストフード店」ランキング表を基にトレンドを分析しよう。

女性は「ゴンチャ」「和スイーツ」が突如ランクイン

 20~24歳女性のランキングは面白い(下に女性ランキング20位まで掲載)。全体と20~24歳男性では首位の「マクドナルド」を抑えて、堂々の1位に輝いたのは「スターバックスコーヒー」。JR山手線の駅には、1駅につき複数のスタバがある場合もあるが、それでもガラガラのスタバをほとんど見たことがないのは、この層の女性が利用しているからに違いない。定期的に出る新作フラペチーノは、どうしても飲んでおきたいのだろう。