この5年間で、人気の海外旅行先はどのように移り変わっただろうか。5年前に圏外だった都市が急浮上する──そんな大きな変化は、男女共に見られない。その中で、着実なランクアップを見せて首位に立ったのが台北/台湾だ。

 平成が幕を下ろす2019年。5月1日が「即位の日」となる今年は、土日を含めて10連休。かつてない超大型連休となる。旅行会社にはすでに海外ツアーなどの予約が殺到。ツアーによっては完売やキャンセル待ちが続出するなど、ゴールデンウイークの海外旅行は、早くも盛り上がりを見せている。

 今回は、ブランドデータバンクが約3万人の消費者に聞いた「行ったことがあって、お気に入りの海外旅行先」の調査結果から、13年6月とその5年後となる18年6月のデータを抽出。男女それぞれのデータを比較してみた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>