約3万人を対象としたインターネット調査により、日本人の消費生活の実態に迫る連載企画。今回のテーマは暮らしを彩る雑貨やインテリア。全年代で高い人気を誇る均一価格ショップ、雑貨・インテリア店の陰に、若年層の男女に支持される、特色あるショップの姿が隠れていた。

●よく利用している均一価格ショップ、雑貨・インテリア店ベスト20
●よく利用している均一価格ショップ、雑貨・インテリア店ベスト20

 身の回りの生活雑貨や家具を、20代前半の若年層はどんな店舗で購入しているだろうか。ブランドデータバンク約3万人の中から、20代前半の男女の「よく利用している均一価格ショップ、雑貨・インテリア店」のデータを出したところ、1位が「ダイソー」、2位が「Can☆Do」、3位が「Seria」と、均一価格ショップがトップ3を占めた。特にダイソーは、男女共に2位Can☆Doの倍以上のスコアを得るなど圧倒的人気を誇っている。上位3店舗は、全年代を対象に見ても不動のトップ3となっている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>