消費トレンドはどこへ向かうのか。クルマ、家電、コンビニ、百貨店など業界団体や官公庁などが公開するデータから、日経クロストレンドが注目指標を定期的に速報して読み解く。
  • 2019.04.03
先行き不安から、4月は消費意欲が失速か(博報堂生活総研)
博報堂のシンクタンク、博報堂生活総合研究所は2019年3月26日、4月の消費意欲を予想した「来月の消費予報」を発表した。消費意欲指数は46.7点と前月比(19年3月)で±0.0ポイント、前年比(18年4月)で+0.3ポイントと、いずれもほぼ横ばいだった。
  • 2019.04.02
エアコンは2月も成長、13カ月連続プラスに(白物家電)
日本電機工業会(JEMA)が2019年3月25日に発表した民生用電気機器(いわゆる白物家電)の2月の国内出荷金額は約1854億円で、前年同月比3.3%増と10カ月連続のプラスとなった。
  • 2019.04.02
13カ月連続で前年割れのモスに回復の兆し(外食産業調査)
日本フードサービス協会(JF)が2019年3月25日に発表した外食産業市場動向調査によると、2月の売上状況は1.9%増と30カ月(2年6カ月)連続して前年同月を上回った。
  • 2019.03.29
2月もイオン、ヨーカ堂共に前年割れ(スーパーマーケット統計)
一般社団法人全国スーパーマーケット協会などが2019年3月22日に合同で公表したスーパーマーケット販売統計調査(速報版)によると、2月の総売上高は全店(前年同月全営業店舗と当月全営業店舗の比較)ベースで8206億605万円と前年同月比1.2%減となり、4カ月連続で前年割れだった。
  • 2019.03.29
2月は三越伊勢丹とそごう・西武が前年割れ(百貨店概況)
日本百貨店協会が2019年3月22日に発表した2月の全国百貨店売上高は約4220億円で、前年同月比0.4%増と4カ月ぶりのプラス。株価や為替の安定で前月は苦戦した高額商材が好転し、「春節商戦」でインバウンドも活況。バレンタインなどの季節催事も寄与した。
  • 2019.03.14
マイナーチェンジ効果か プリウスが2位に(自動車販売台数)
日本自動車販売協会連合会が2019年3月1日に発表した2月の乗用車(普通車・小型車)の新車販売台数は26万1007台で、前年同月比0.5%増となり2カ月連続で前年同月を上回った。
  • 2019.03.06
マック38カ月プラス、モス12カ月マイナス(外食産業調査)
日本フードサービス協会(JF)が2019年2月25日に発表した外食産業市場動向調査によると、19年1月の売り上げ状況は1.4%増と29カ月(2年5カ月)連続して前年同月を上回った。
  • 2019.03.05
エアコンは1月も2桁成長 12カ月連続プラス(白物家電)
日本電機工業会(JEMA)が2019年2月25日に発表した民生用電気機器(いわゆる白物家電)の2019年1月の国内出荷金額は約1625億円で、前年同月比2.7%増と9カ月連続のプラスとなった。
  • 2019.03.01
3月は耐久財を中心に男性の消費意欲が高まる(博報堂生活総研)
2019年2月26日、博報堂のシンクタンクである博報堂生活総合研究所は「来月の消費予報」を発表し、3月の消費意欲を予想した。消費意欲指数は46.7点と前月比(19年2月)で+4.7ポイント、前年比(18年3月)で+1.6ポイントだった。
  • 2019.02.28
1月は大手5社前年割れ インバウンド向けが苦戦(百貨店概況)
日本百貨店協会が2019年2月21日に発表した1月の全国百貨店売上高は約4927億円。前年同月比2.9%減と3カ月連続でマイナスだった。初売りセールなどの不振に加え、インバウンド向けも中国の景気減速や免税品規制強化などで苦戦した。

関連特集・連載

日経クロストレンドFORUM 2019
データ売買 最前線
全5回
元楽 EC支えるすご腕の楽天OBたち
全6回
5Gの胎動~未来を変える新ビジネス