日本百貨店協会が2018年9月21日に発表した同年8月の全国百貨店売上高は約4118億円だった。前年同月比0.2%減とわずかながら前年を下回り、2カ月連続のマイナスとなった。台風の接近・上陸や土日祝日が前年より1日少なかったことなどのマイナス与件が響いた。

8月は大手5社中、そごう・西武だけマイナスに(百貨店概況)(画像)

 調査対象は全国79社の219店舗。マイナス与件はあったものの、高額消費やインバウンドが業績をけん引した他、各社が積極展開したセールや人気イベントなども集客に寄与した。