2017年と18年、ルミネはシンガポールとジャカルタに相次いで出店した。なぜ今アジアに進出するのか。その裏には仕掛け人である新井良亮相談役の大きな危機感があった。

本連載は、「この人の『勘』や『感』の見方を知りたい!」と思った方にお会いし、仕事に「勘」や「感」は必要なのか、どのように磨けばいいのかについて、成功談も失敗談も含めて聞いていくものです。それも、難しい書き言葉ではなく、分かりやすい話し言葉で。読者の皆さんにとって、未来に向けたヒントになれば幸いです。

 今回は、ルミネの相談役である新井良亮さんにご登場いただきます。JR東日本の副社長を務めた後、ルミネの社長から会長を経て相談役に。新しい施策を次々に打ち出し、ルミネの業容を広げてきました。新宿駅南口にある「ニュウマン」もその一つ。「ルミネ」とは異なる小売業態として世に出したもので、2020年の横浜駅での大規模出店もすでに決まっています。

 また、17年にシンガポール、18年にはインドネシアのジャカルタで、日本ブランドをセレクト展開した「ルミネ」ショップを開きました。多くの小売業がアジア出店を控えたり、撤退を図ったりしている中、あえてルミネは打って出たのです。しかも、若手社員に権限を与え、そういったことを任せてやらせるのが新井さん。現状に甘んずることなく、仕事を通して自分を鍛えていくこと、磨いていくことが、結果的に企業を強くし、人を輝かせるという信条は、JR東日本時代からブレるところがありません。その「勘」と「感」のあり方について聞いてみました。

日本国有鉄道に入社。電車運転士や新宿駅、渋谷駅で勤務した後、国鉄とJRの人事関係業務に約20年携わる。1987年、国鉄分割民営化によりJR東日本に入社。東京地域本社の事業部長、本社常務取締役を経たのち、エキナカやウオータービジネスなどさまざまな新規事業を立ち上げる。2009年代表取締役副社長・事業創造本部長に就任。11年ルミネ代表取締役社長を兼務、12年JR東日本副社長を退任。17年ルミネ取締役会長に就任。18年同社取締役相談役に就任
日本国有鉄道に入社。電車運転士や新宿駅、渋谷駅で勤務した後、国鉄とJRの人事関係業務に約20年携わる。1987年、国鉄分割民営化によりJR東日本に入社。東京地域本社の事業部長、本社常務取締役を経たのち、エキナカやウオータービジネスなどさまざまな新規事業を立ち上げる。2009年代表取締役副社長・事業創造本部長に就任。11年ルミネ代表取締役社長を兼務、12年JR東日本副社長を退任。17年ルミネ取締役会長に就任。18年同社取締役相談役に就任

グローバルで考えれば、日本の小売りはそう悲観的でもない

川島 最初からずばり本題から入ります。いつから「ルミネ」をアジアに出そうと考えていたのですか。

新井 ルミネに来た初期のころですから、かれこれ5年くらい前のことです。

川島 どういうことから、アジアと思われたのでしょう。

新井 理由はいくつかありました。まず、日本のファッション業界が成熟しきっていて、国内だけ見ていても煮詰まるばかりと感じたのです。うちの取引先である多くのアパレル企業も含め、もっともっと海外を視野に入れた戦略を展開していなければならないと感じました。

川島 ここ数年、百貨店や量販店などこれまで日本の小売業界をけん引してきた業態が、ネットビジネスやファストファッション、ラグジュアリーブランドに比べて精彩を欠いていると感じます。

新井 国内だけ見ているからネガティブな目線になるわけで、そう悲観的になることもないのです。これからは、真の意味でのグローバル化が始まる時代。70年代から80年代にかけて日本のファッション業界はアジアに次々と進出し、かなり伸ばしていたわけですから、まだまだやれることはあるのではないでしょうか。それが企業の持続的成長につながって、今日を迎えているのではと思っています。

川島 ルミネとしては初の海外進出で、失礼をあえて承知で言えば、半分素人的な企業がアジア出店して頑張っている。新井さんだからできる大胆な決断力を感じました。

新井 社内外で反対の声もあったのですが、「今なら」という勘どころと理由があったのです。例えば、ぐんぐん成長しているアジアマーケットの人たちとルミネの若手が連携し、新しいものを作り上げることは意味のあること。日本のファッションはアジアにおいて少し先を行っているわけですから、その知恵や技術をシェアすることで、社会的で国際的な責任を果たすことにもつながっていくのではないかと。

海外初の店舗「LUMINE SINGAPORE」は17年11月にオープン
海外初の店舗「LUMINE SINGAPORE」は17年11月にオープン

今のルミネの立ち位置に危機感を持ってほしい

川島 私も先日、シンガポールとジャカルタのルミネに行ってきたのですが、現地のルミネ社員の方々は「ものすごく勉強になっているし、自分の自信にもつながった」と語っていました。

新井 それも大きな目的の一つでした。「ルミネ」も「ニュウマン」も今のところは順調に行っているのですが、中長期的な視点から見れば現在のビジネスモデルはいずれ行き詰まっていくのは目に見えています。国外に出て仕事をすることで、何ができてどれだけ人の役に立てるのか、自分たちの実力が明快に分かります。若手の社員が今のルミネの立ち位置を当たり前のことと捉えるのではなく、危機感や緊張感を持って仕事に臨んでほしいという思いもあったのです。

川島 自社や自分を客観的に見つめ直す機会になりそうです。

新井 新しい仕事を作っていくことは、そう生易しいことではありません。でも苦労してそこを乗り越えることで、本当の成長ができるのだと思います。そういった経験を経て日本に戻ったら、ルミネが挑戦していくべきことも見えてくるのではないでしょうか。若いうちに身をもって経験する、つまりDNAとして記憶に残すことで、新しいものを生み出す力になっていくと思うのです。

若手には実際のビジネスで練習の機会を与えるべきだ

川島 なぜ、シンガポールとジャカルタだったのでしょうか。

新井 アジアに出るに当たって、まずはリサーチから始めました。4人1 組のチームを4つ作り、ベトナム、マレーシア、タイ、シンガポール、インドネシアなど、12カ所を選んで現地調査を行ったのです。その後、チームのメンバーをシャッフルし、もう1回リサーチを行いつつ議論を重ね、最終的にシンガポールとジャカルタという結論に至ったのです。その理由の一つは、市場としての潜在的な可能性を持っていることでした。

川島 シンガポールはアジアの中でも先進都市の一つで、多くの小売業があり、豪華なショッピングモールもたくさんあります。かつては日本の百貨店もたくさん出ていましたが、今は髙島屋と伊勢丹だけで、あとは撤退してしまっている。競合がひしめき合っているとマーケットに新たに入っていくのは、なかなか難易度が高いのではと感じました。

新井 うちがターゲットとしているのは、いわゆる中間層の人たちです。実はここは、これから広がっていくマーケットであり、潜在的な可能性をまだまだ秘めている。そこへ向けての仕込みをしておけば、機が熟したときに大きな成果につながると考えたのです。言うまでもないことですが、シンガポールはアジアのハブとして大事な拠点であり、現地法人が作りやすい国であることも利点でした。

川島 シンガポールに店を開くことを決めた後、社員を現地に送りましたよね。

新井 現地のことは現地に住んでみなければ分からないと思い、2人の社員を2年間住まわせ、徹底的にリサーチしてもらいました。そうすることで、単なる統計数値や短期的なリサーチでは見えてこない、肌感覚で捉えられる情報がものすごくあるわけです。その感覚こそが、新しいものを作っていくときに役立つと捉えているのです。

 その意味では、アジア進出はルミネにとって、練習の一つだと思っています。スポーツの世界では、ひたむきな練習ありきです。企業によっては頭を使った記憶力の勝負ばかりを課すところもありますが、そこには独自の発想もなければ身体で覚えた感覚もないわけで、私はほとんど意味がないと思っています。

川島 練習ですか。確かに身体を動かしてみると、これができないのはここをこう使っていないからと具体的な動きが分かってきます。

新井 ビジネスの世界がいつも本番というのもおかしなことで、結果だけを追い求めるのはいいことではないと思うのです。企業に少しでも余裕があるのであれば、私は社員に練習の場と成長するための機会を創るべきだと考えています。

川島 そういう思いを持ったトップの下で働く若手は恵まれていますね。

新井 今はルミネに入社してくる社員の3割強くらいが、留学経験があったり帰国子女だったりするのです。すでに海外経験があったり、海外勤務を希望したりしている社員にチャンスを与えたいと考えています。一方で、アジア進出が必ずしも成功するとは思っていません。すべて計画通りに運ばないのが現実ですから、3年を一つのめどとして、可能性があるなら5年を次のめどにしようと考えています。

川島 いずれにしても明快な決断力ですね(笑)。次回はアジア出店について、さらに突っ込んで聞いてみたいと思います。

(写真/的野弘路)

■修正履歴
当初は「今はルミネの社員の3割強くらいが、留学経験があったり帰国子女だったりする」としておりましたが、「今はルミネに入社してくる社員の3割強くらいが、留学経験があったり帰国子女だったりする」に修正いたしました。本文は修正済みです。[2019/2/15 10:30]