未来のヒットをいち早く見いだす。新商品の発表会や発売後の初動、新ジャンルの商品などが複数台頭・乱立した時点で記者の評価、製品比較などから探る。
  • 2019.07.19
携帯しやすいカメラ付きプリンター 撮った写真がすぐシールに
撮った写真をその場でプリントできる。アナログ写真ブームのなか、商品選びに新たな選択肢が登場した。「インスピック ZV-123」(キヤノン)だ。
  • 2019.07.18
仮想空間を動き回れるVRゴーグル 両手を使うゲームも快適
スマホやパソコンなどをつながずに単体で使えるVRゴーグルとしては、2万円台と格安なことで人気を集めた「Oculus Go」。その発売から約1年かけて大幅な機能向上を果たした上位機「Oculus Quest」が発売された。
  • 2019.07.17
空気清浄機と差別化した除菌脱臭機 小型で場所を選ばずに使える
空気の清浄化作用などをうたう「プラズマクラスター」。その搭載商品・デバイスを8000万台以上出荷したシャープは、2019年6月13日に「プラズマクラスター除菌脱臭機DY-S01」を発売した。
  • 2019.07.16
日生サブブランド渾身の医療保険 3大疾病の長期治療に対応
業界最大手の日本生命が、保険ショップ向けの商品を販売するサブブランドをついに立ち上げた。その名も、はなさく生命保険。“デビュー作”は7月1日に発売された医療保険「はなさく医療」だ。
  • 2019.06.06
箱などの立体物に印字できるハンディープリンター
印刷面に対して、スライドさせるだけで文字、画像、QRコードを印字できる「ハンディープリンター」がリコーから発売された。
  • 2019.06.05
充電とバックアップが同時にできるスマホグッズ
充電しながらiPhoneのデータをバックアップ。紛失や水没リスクに備えられるユニークなスマホグッズが、「Qubii Pro」(フォーカルポイント)だ。
  • 2019.06.04
箱根の源泉を都心に運ぶ 温泉旅館の定義を現代風にアップデート
2019年4月にオープンして話題となった「MUJI HOTEL GINZA」。その企画、内装設計、運営を手掛けたUDSの次なる一手が、「ONSEN RYOKAN 由縁 新宿」だ。
  • 2019.06.03
“提案型”の旗艦店を1.4倍に増床 SNS映えする限定フードも
2017年に、「雑貨の楽しみ方」を提案する次世代型旗艦店としてオープンした銀座ロフトが、延べ床面積や取扱商品数を約1.4倍に拡大する大幅リニューアルを敢行した。従来の3〜6階に加えて1〜2階も店舗になり、歩道からアクセスできる“路面店”になった。
  • 2019.04.18
出先の口臭ケアに新たな選択肢 マウスウオッシュ発のタブレット
出先で口臭が気になったときは、ガムやミントタブレットなどの清涼菓子をかんでしのぐ。そんなシーンの必携アイテムに、マウスウオッシュでシェア1位のジョンソン・エンド・ジョンソンが発売した「リステリン ウォータリータブレット」が名乗りを上げた。
  • 2019.04.16
「9つの質問に答えるだけ」 パーソナライズの波がシャンプーへ
大手メーカーがひしめくシャンプー・リンス市場。その牙城を崩したのが、2015年にI-ne(アイエヌイー、大阪市)が発売し、シリーズ累計販売数は5000万本を突破した「BOTANIST(ボタニスト)」だ。新興ブランドとしては異例の市場第3位にまで上り詰め、次の一手を繰り出す。

関連特集・連載

定住旅行家ERIKOの地球トレンド
タレントパワーランキング2019
全11回
女性雀士が挑む! インスタフォロワー1万人への道
【PR】ヨーグルトで尿酸値の上昇を抑える