トヨタ自動車が2022年をめどに発売を予定している超小型電気自動車(EV)「C+pod」。全長2490ミリメートルと、軽自動車規格(全長3400ミリメートル)より短い、2人乗りのかわいいクルマだ。どんな用途に適しているのか。横浜市内のレンタルサービス「C+podヨコハマ」を利用して考えてみた。

神奈川県オールトヨタ販売店とトヨタレンタリース神奈川、トヨタレンタリース横浜が運営中のショートタイムレンタカーサービスで使われるC+pod
神奈川県オールトヨタ販売店とトヨタレンタリース神奈川、トヨタレンタリース横浜が運営中のショートタイムレンタカーサービスで使われるC+pod

 「C+pod(シーポッド、『+』は正確には上付き)」は、トヨタ自動車が次世代のシティコミューターとして2019年10月に「東京モーターショー2019」で発表した小型EVだ。市販は22年からの予定だが、それに先駆け20年末から、EVに関心の高い法人や自治体向けに限定販売を行っている。

 C+podの特徴は、圧倒的な小ささだ。ボディーサイズは全長2490×全幅1290ミリメートルで、軽自動車規格(全長3400×全幅1480ミリメートル)より小さい。プリウス1台分の駐車スペースがあれば、横置きで2台が収まるという。2人乗りで後席はなく、コンパクトな荷室が備わっている。

ドイツ・スマートの「スマート・フォーツー」よりも一回り小さい。全高は1550ミリメートルで、一般的な乗用車に近い(写真提供/トヨタ自動車)
ドイツ・スマートの「スマート・フォーツー」よりも一回り小さい。全高は1550ミリメートルで、一般的な乗用車に近い(写真提供/トヨタ自動車)
荷室にはあまり奥行きが無いが、かばん程度は入れられる(写真提供/トヨタ自動車)
荷室にはあまり奥行きが無いが、かばん程度は入れられる(写真提供/トヨタ自動車)

 小さくシンプルにつくられている主な理由は、エネルギーの有効活用と価格低減だ。車両重量が軽くなれば、コストの高い電池の容量を抑えても、ある程度の航続距離を確保できる。実際、C+podの販売予定価格は165万円(税込み)からと、日産自動車「リーフ」(税込み332万6400円から)などの既存国産EVより安価で、満充電時の航続距離は、150キロメートル(WLTCモード)だ。充電は普通充電のみで、急速充電には非対応。ほぼ空の状態からフル充電までは200ボルト充電で約5時間かかる。家庭用100ボルト電源にも対応しており、その場合はフル充電に16時間かかる。一方で、最高速度は60kmにとどまり、高速道路などを走行することはできない。かわいい車体は魅力だが、実用的と言えるのか実際に試してみたいと思っていた。

横浜では1時間800円からと気軽にレンタルできる

 C+podはまだ一般販売されていないが、横浜に行くと約1000円で気軽に試すことができる。市内のみなとみらい地区付近のトヨタレンタカーで、いち早くレンタカーとしてC+podを試験的に導入しているのだ。

 それが「C+podヨコハマ」で、みなとみらい周辺の横浜市内7カ所の店舗でC+podを貸し出ししている。利用料金は1時間800円(税込み)からと格安。最長で12時間(4800円・税込み)まで借りられる。この料金には電気代が含まれており、返却時の充電は必要ない。時間料金の他に「NOC無料プラン」(330円)を追加で支払うと、レンタカー利用時の破損や事故などのアクシデント時に営業補償が不要になる。予約時には店舗に電話で連絡するなど、利用方法は普通のレンタカーと基本的に同じだ。

「C+podヨコハマ」には、観光スポット周遊バス「あかいくつ」と同じデザインのラッピングフィルムが貼られている
「C+podヨコハマ」には、観光スポット周遊バス「あかいくつ」と同じデザインのラッピングフィルムが貼られている
電話で予約をして、店頭で契約書に記入するなどの手順は一般的なレンタカーと同じ
電話で予約をして、店頭で契約書に記入するなどの手順は一般的なレンタカーと同じ

 この事業は、神奈川県オールトヨタ販売店とトヨタレンタリース神奈川、トヨタレンタリース横浜が協力して、C+podの訴求を兼ねたキャンペーンとして、気軽に乗ってもらえる機会を設けようと始めたもの。22年3月までの期間限定サービスだ。

 店頭に並んだコンパクトカー「ヤリス」と比べると、C+podは圧倒的に小さい。まるで遊園地の乗り物みたいだ。車両に対して大きめのドアを開けて乗り込むと、体重で車体が沈み、ドアを閉める際はクルマが揺れるので、ちょっと頼りない気もした。しかし、運転席に収まると、軽自動車とほぼ変わらない雰囲気だ。シートもしっかりしており、座り心地も良い。乗員同士の距離は近いものの、フロントガラスも大きいため、圧迫感はない。

トヨタレンタカー横浜みなとみらい店に並ぶC+podとヤリス(写真左)。21年10月中旬に試乗した
トヨタレンタカー横浜みなとみらい店に並ぶC+podとヤリス(写真左)。21年10月中旬に試乗した
ドアは大きめで足元も意外にゆったりしていた
ドアは大きめで足元も意外にゆったりしていた
助手席から前方を撮影。横幅は軽自動車規格より19センチメートル短いがそれほど圧迫感はなかった
助手席から前方を撮影。横幅は軽自動車規格より19センチメートル短いがそれほど圧迫感はなかった

 まず最大定員の大人2人で試乗した。運転操作は、乗用車と同じなので戸惑うこともない。いよいよ発進となるが、ここではモーターの強みが生かされ、想像よりもずっとスムーズ。加速に関しては、発進時はややおっとりしているが、あっという間に、最高時速60キロメートルに達する。上り坂でも力不足を感じることは少なく、運転中の感覚は普通のクルマに近い。

C+podの運転席・助手席。セレクトレバーの代わりに中央のパネルの右列で「R(後退)」「N(ニュートラル)」「D(ドライブ)」のボタンを押す(写真提供/トヨタ自動車)
C+podの運転席・助手席。セレクトレバーの代わりに中央のパネルの右列で「R(後退)」「N(ニュートラル)」「D(ドライブ)」のボタンを押す(写真提供/トヨタ自動車)

 ただ電動車なのでブレーキに少し癖があり、強く制動したい場合は、しっかりと踏む必要がある。また車高の割に全長が短いので、交差点などの曲がりで少し不安に感じることもあった。ただドライバーが感じるような危険はなく、丁寧な運転を心がければ全く問題ない。なお、C+podは衝突被害軽減ブレーキと踏み間違い加速抑制システムなどの先進機能に加え、ABSやエアバッグなどの安全装備も一通り備えている。

 気になる航続距離は、満充電の貸出時で約140キロメートルと表示された。クーラーをオンにすると、メーター表示の航続距離は、約半分の70キロメートル台まで落ち込む。ただ日常的な1日の移動ならば、70キロメートルも走れれば十分だ。

C+podのバッテリー残量表示。左がクーラーオフで、右がクーラーオン。60キロメートルほど走行距離に差が出る
C+podのバッテリー残量表示。左がクーラーオフで、右がクーラーオン。60キロメートルほど走行距離に差が出る

 なお、クーラーは気温に応じての温度調節機能が無いマニュアルタイプ。かなり強力で、試乗日は穏やかな天気だったので、オン・オフを繰り返す必要があったほどだ。これならば、夏場でも快適な移動を楽しめそうだ。一方、冬場の暖房設備は座面が温まるシートヒーターだけとなる。室内が広くないので体温である程度温まることを考えるとシートヒーターのみでも大丈夫かと思うが、冬季に運転しても寒くないかは一度試してみたいところだ。

C+podは高齢者夫婦の買い替え候補には十分になる

 こうして1時間ほどみなとみらい周辺をドライブしたが、特に大きな不満はなかった。小さな電動車との旅は、楽しかったと言ってよい。ガソリン車の軽自動車などと比べたときの最大のメリットは、電動なので車内が静かなこと。家族や友人、カップルでの移動には最適で、特に今回のような観光の相棒には向いていると思う。

 ただ、最初は物珍しくてよいかもしれないが、2回目以降も積極的にC+podを選ぶかと言われると悩ましい。料金で比較すると、トヨタレンタリース神奈川による短時間レンタカーサービスの「ショートタイムレンタカー」では、ヤリスなどのコンパクトカーが1時間1100円(税込み)で借りられる。C+podヨコハマとの差は300円しかない。また半日となる12時間の利用でも、ヤリスクラスが5500円(ショートタイムレンタカーでなく、通常のレンタカーの料金)に対して、C+Podが4800円と大きな差はないのだ。C+podは、実際の駐車スペースは小さいが、駐車場代が半額になるわけではない。もし軽自動車のレンタカーがC+podに近い料金に設定されれば、車内の広さや乗員の多さなどから軽自動車を選びたくなるだろう。ちなみにトヨタレンタカーでは、軽自動車とコンパクトカーの料金は同一である。観光用モビリティーとしてC+podを普及させるには、観光地にC+pod専用駐車場をいくつか設けて、安価に駐車可能にするといった、車体の小ささを生かしたサービスなどの工夫が必要になるだろう。

 では、C+podはマイカーの買い替え候補になるだろうか。C+podの価格は既に決定しており、165万円(税込み)のXグレードと171万6000円(税込み)のGグレードの2タイプがある。個人が買うならクーラーとシートヒーターを備えたGグレードになるだろう。クリーンエネルギー自動車購入時に交付されるCEV補助金は、一般向けだと22万円の見込みで、実質価格は約150万円と軽自動車並みとなる。

 C+podヨコハマのレンタル利用者には、新しもの好きや乗り物好きが多いようだが、中には購入検討者も含まれていたという。意外とシティコミューターとしての導入を真面目に検討している人はいるようだ。特に高齢者は、より小さなクルマに乗り換える傾向にあり、もともと軽自動車愛好派も多い。自分一人や夫婦でしか移動はしないという人には、最小回転半径3.9メートル(軽乗用車の場合、4.2~4.7メートルほど)の取り回しの良さは魅力だろう。どこにでもクルマで出かけたい人は軽自動車を買ったほうがよいと思うが、近所の移動の足としてしかクルマを使わないなら、C+podは悪くない選択と言える。自宅で充電できるEVなのでガソリンスタンドに出向く必要もなく、維持費も安い。そして、サポートをトヨタグループが行ってくれるのも心強いところだ。

充電時には、ヘッドライトの間にある充電ポートを使用。災害時にはここから給電もできる
充電時には、ヘッドライトの間にある充電ポートを使用。災害時にはここから給電もできる

 ただ、積載量や航続距離ではまだ通常の軽自動車が圧倒的に上回る。また安いEVが欲しいだけなら、リーフの中古を購入するという手もある。このため当面は、一足早く未来からやってきた乗り物という感覚で扱われるだろう。

 C+podのような超小型EVが普及するには、前述した専用駐車場の用意など、C+pod愛用者のメリットをつくり出していくことも課題と言える。欧州では、「平日の日中には普通サイズの乗用車は市街地に乗り入れできない」といった規制があることが多く、その対象外になる超小型車が注目されている。日本でもそのような動きが出てくると、C+podの強みも増して面白い存在になるだろう。

26
この記事をいいね!する

日経トレンディ1月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年1月号
【巻頭特集】2022-2030 大予測
【第2特集】2022年のヒットをつくる人
【新商品連載】Apple Watch Series 7 他
【インタビュー】俳優・眞栄田郷敦
発行・発売日:2021年12月3日
特別定価:760円(紙版、税込み)
Amazonで購入する