トヨタ自動車が2022年をめどに発売を予定している超小型電気自動車(EV)「C+pod」。全長2490ミリメートルと、軽自動車規格(全長3400ミリメートル)より短い、2人乗りのかわいいクルマだ。どんな用途に適しているのか。横浜市内のレンタルサービス「C+podヨコハマ」を利用して考えてみた。

神奈川県オールトヨタ販売店とトヨタレンタリース神奈川、トヨタレンタリース横浜が運営中のショートタイムレンタカーサービスで使われるC+pod
神奈川県オールトヨタ販売店とトヨタレンタリース神奈川、トヨタレンタリース横浜が運営中のショートタイムレンタカーサービスで使われるC+pod

 「C+pod(シーポッド、『+』は正確には上付き)」は、トヨタ自動車が次世代のシティコミューターとして2019年10月に「東京モーターショー2019」で発表した小型EVだ。市販は22年からの予定だが、それに先駆け20年末から、EVに関心の高い法人や自治体向けに限定販売を行っている。

 C+podの特徴は、圧倒的な小ささだ。ボディーサイズは全長2490×全幅1290ミリメートルで、軽自動車規格(全長3400×全幅1480ミリメートル)より小さい。プリウス1台分の駐車スペースがあれば、横置きで2台が収まるという。2人乗りで後席はなく、コンパクトな荷室が備わっている。

ドイツ・スマートの「スマート・フォーツー」よりも一回り小さい。全高は1550ミリメートルで、一般的な乗用車に近い(写真提供/トヨタ自動車)
ドイツ・スマートの「スマート・フォーツー」よりも一回り小さい。全高は1550ミリメートルで、一般的な乗用車に近い(写真提供/トヨタ自動車)
荷室にはあまり奥行きが無いが、かばん程度は入れられる(写真提供/トヨタ自動車)
荷室にはあまり奥行きが無いが、かばん程度は入れられる(写真提供/トヨタ自動車)

 小さくシンプルにつくられている主な理由は、エネルギーの有効活用と価格低減だ。車両重量が軽くなれば、コストの高い電池の容量を抑えても、ある程度の航続距離を確保できる。実際、C+podの販売予定価格は165万円(税込み)からと、日産自動車「リーフ」(税込み332万6400円から)などの既存国産EVより安価で、満充電時の航続距離は、150キロメートル(WLTCモード)だ。充電は普通充電のみで、急速充電には非対応。ほぼ空の状態からフル充電までは200ボルト充電で約5時間かかる。家庭用100ボルト電源にも対応しており、その場合はフル充電に16時間かかる。一方で、最高速度は60kmにとどまり、高速道路などを走行することはできない。かわいい車体は魅力だが、実用的と言えるのか実際に試してみたいと思っていた。

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
26
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年10月号
【巻頭特集】ずるい! 文章術
【第2特集】Anker大研究!
【第3特集】観光列車ランキング2022
【Special】THE RAMPAGE 川村壱馬 インタビュー
発行・発売日:2022年9月2日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する