テレワークの普及によってひげをそる間隔が延びたビジネスパーソンは多いようだ。ところが長いひげを苦手とする電気シェーバーでは、なかなかそれずにイライラすることになる。こうした課題の解決に挑んだのがパナソニックだ。需要の変化をとらえて、ビジネスパーソンの悩みを解消する改良を加えた新「ラムダッシュ」は、好スタートを切っている。

10年ぶりのフルモデルチェンジとなる電気シェーバー「ラムダッシュ」のフラッグシップシリーズ。写真は、お風呂でも使える上位グレードの「ES-LS9AX」(実勢価格は税込み6万6000円)
10年ぶりのフルモデルチェンジとなる電気シェーバー「ラムダッシュ」のフラッグシップシリーズ。写真は、お風呂でも使える上位グレードの「ES-LS9AX」(実勢価格は税込み6万6000円)

 パナソニックが10年ぶりにフルモデルチェンジさせた電気シェーバー「ラムダッシュ」のフラッグシップシリーズが、好調な滑り出しを見せている。当初3機種合計で販売計画1万台と見積もっていたが、「2021年6月に発売してから、1.5倍超の販売台数で推移。7月もその勢いは続いている」(パナソニック)。

 新ラムダッシュは、3タイプをラインアップする。全自動洗浄充電器が付属する「ES-LS9AX」(実勢価格は税込み6万6000円)は、風呂でも使える上位グレード。全自動洗浄充電器付きで、バッテリーがなくなってもケーブルをコンセントに挿すと使えるのが「ES-LS9N」(実勢価格は税込み5万3900円)。全自動洗浄充電器を省くなどした下位グレードの「ES-LS5A」は実勢価格は税込み4万4000円だ。

ES-LS9AXとES-LS9Nには全自動洗浄充電器が付属する。本体を逆さまにして装着すると、10分かけて洗浄した後、80分で乾燥させる。同時に充電もできる
ES-LS9AXとES-LS9Nには全自動洗浄充電器が付属する。本体を逆さまにして装着すると、10分かけて洗浄した後、80分で乾燥させる。同時に充電もできる

 国内電気シェーバー市場は、ここ数年は年間660万台前後で推移している。最近は各社がイノベーティブな新技術の搭載機種を相次ぎ投入する状況ではなく、成熟しているとの見方が強い。しかしながら、コロナ禍によって出社頻度が少なくなり、ビジネスパーソンが習慣として必ずしも毎日ひげをそるわけではなくなるという環境の変化が起こった。同社調べによると、ひげを3日に1回そる人はコロナ禍前に比べて2倍に増えている。

 こうした環境の変化をいち早く捉えて、出社しなければならない日に長いひげを短時間でそりたいと考える今どきのビジネスパーソンの要望を機能として落とし込んだところに、ラムダッシュの好調の要因がある。刃の数を従来の5枚から6枚に増やし、うち2枚の「アゴ下トリマー刃」と呼ぶ、あご下ひげ専用の刃が、長く伸びたくせひげを深ぞりしやすくしたのだ。

使ってみたところ、特に喉仏周りが快適に

 なぜ6枚刃のラムダッシュは、長いひげをそりやすいのか。そもそも外刃でとりこんで内刃でひげをカットする構造上、電気シェーバーは長いひげは得意ではない。特にあご下はくせ毛が多くそりにくい場所であり、伸びると毎日そっていたころよりも時間がかかりやすい。新設したアゴ下トリマー刃は、長いくせ毛を立たせて短くプレカットしやすくする設計なのだ。

 具体的には、他の刃は横から見ると小さな穴が空いた外刃が弧を描くような曲線を描いているのに対し、くせヒゲリフト刃はフラット形状をしている。上下に細かなくしが付いており、このくしでくせ毛を立たせるわけだ。

6枚刃の新ラムダッシュのヘッド部。金色の2枚が「アゴ下トリマー刃」で、あご下の長いくせのあるひげをすくい上げてプレカットするための刃だ
6枚刃の新ラムダッシュのヘッド部。金色の2枚が「アゴ下トリマー刃」で、あご下の長いくせのあるひげをすくい上げてプレカットするための刃だ

 プレカットによりある程度短くした結果、他の刃で扱いやすくなる。寝たひげをすくい上げる厚さ60マイクロメートルの「くせヒゲリフト刃」(内側の2枚)、それ以外の大半のひげをカットする厚さ41マイクロメートルの「フィニッシュ刃」(外側の2枚)が、深ぞりする。6枚刃の採用により、1回のストロークで長いくせ毛をカットできる割合は、モデルチェンジ前の5枚刃と比べて4倍に高まったという。

 うたい文句通りの実力を発揮できるものなのか、実際にそこそこひげが濃い筆者が試してみた。1週間ほどひげを伸ばした状態でスイッチをオン。普段から使っている電気シェーバーと比べてみると、確かに1回のストロークでじょりじょりとカットされる様子が体験できた。

 特に差を感じたのが喉仏周り。いつも何度ストロークしてもそり残しが生じることが気になっていたが、少ないストローク回数で、手で触ってもひげの存在が分からないレベルまできれいにそれた。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
26
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する