ここ2~3年でカメラ撮影機能の高画質化競争が進んでいたスマホ業界に、シャープの「AQUOS R6」が大型センサーという新たな手法を持ち込んだ。複数のレンズを搭載したスマホに比べて高画質と言えるのか。シャープに新機種開発の経緯を聞くとともに、実機をテストした。

シャープ製の「AQUOS R6」。一括払いの場合、NTTドコモでは実勢価格11万5632円(税込み)、ソフトバンクでは同13万3920円(同)で販売
シャープ製の「AQUOS R6」。一括払いの場合、NTTドコモでは実勢価格11万5632円(税込み)、ソフトバンクでは同13万3920円(同)で販売
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは、国内のAndroidスマホ市場でここ数年、販売台数トップを走り続けている。ただ、売れているのは3万円台の「AQUOS sense」シリーズが中心で、上位機の「AQUOS R」シリーズは、ソニーの「Xperia」シリーズやサムスン電子の「Galaxy」シリーズに比べると話題になることが少なかった。

 しかし、2021年6月発売の「AQUOS R6」は、誰もが他社製品との違いを感じ取れる2つの突き抜けた特徴を備えている。1つが、高級コンパクトカメラ並みの大型センサー(撮像素子)を搭載した高性能カメラ。もう1つが、従来モデル比(AQUOS R5G)で2倍となる240ヘルツで駆動する有機EL(OLED)ディスプレーだ。

 シャープ 通信事業本部パーソナル通信事業部の小林繁事業部長は「AQUOS Rシリーズは17年の初代機から、Androidのバージョンアップを2年間保証し、120ヘルツ駆動の倍速液晶を搭載するなど、革新的なスマホだった。しかし、他社のハイエンド機に比べると地味な特徴が多かったかもしれない。今回は、カメラとディスプレーを同時に刷新できるタイミングだったので、華やかなものを作ってやろうという気概があった」と、AQUOS R6に込めた熱意を表現する。

 特に話題を集めているのは背面のメインカメラだ。前モデルのAQUOS R5Gでは、標準カメラ(1220万画素)に1/2.55型のCMOSセンサーを採用。また、超広角カメラと望遠カメラも搭載していた。これをAQUOS R6では、5倍以上大きくなった1型のCMOSセンサー(2020万画素)1つに変更した。これに合せてレンズを6枚構成から7枚構成に増やし、大きなセンサー周辺部にもきちんと光が当たるようにした。

 このため、デザイン的にもレンズ部が少し出っ張る形となり、存在感を示している。通信事業本部パーソナル通信事業部商品企画部の楠田晃嗣課長は、「カメラをどのように進化させるか議論をしている中で、『やはりしっかりしたデバイスを使わないと劇的な画質向上は難しい』という結論になった。そこで、スマホ用のイメージセンサーではなく、思い切って通常のコンパクトカメラ用の大型センサーを選んだ」と開発の経緯を振り返る。

カメラのレンズはかなりの存在感がある。カメラの右側にあるのはLEDライトと測距用のレーザー光照射部と受光部
カメラのレンズはかなりの存在感がある。カメラの右側にあるのはLEDライトと測距用のレーザー光照射部と受光部
[画像のクリックで拡大表示]

一眼カメラのようなぼかしが簡単にできる

 搭載するレンズは1種類だけで、超広角(35ミリ換算で19ミリメートル)の単焦点レンズ。152ミリメートル相当(35ミリ換算)までのデジタルズーム機能を備えている。前モデルのように望遠レンズや広角レンズを付けなかった理由について、小林氏は「複数カメラを搭載している他の機種でも、7~8割の撮影では標準カメラが使われている。標準カメラの画質が桁違いに上がったので、本体サイズなどを犠牲にして2つ目のカメラを付けるよりは、1つのカメラでデジタルズームをした方がよいと考えた」と説明する。

広角端(写真左)と152ミリメートル相当のデジタルズーム(同右)による作例。6倍では輪郭が多少不鮮明になったが、3~4倍の拡大であればほとんど劣化を感じなかった
広角端(写真左)と152ミリメートル相当のデジタルズーム(同右)による作例。6倍では輪郭が多少不鮮明になったが、3~4倍の拡大であればほとんど劣化を感じなかった
[画像のクリックで拡大表示]

 イメージセンサーを大きくした効果は、背景のぼかしやすさとノイズの少なさに表れる。AQUOS R6は、レンズの開放F値が1.9と明るいこともあり、花などを近くで撮影するときれいに背景がぼける。最近はソフトウエアで撮影時に背景をぼかせるスマホもあるが、大型センサーによるぼかしは不自然なところが全くない。1型センサーのコンパクトカメラ(ソニー「DSC-RX100M2」)と比較しても見劣りしなかった。

花での作例。近づいて撮影すれば、ほとんどのものはきれいに背景がぼける
花での作例。近づいて撮影すれば、ほとんどのものはきれいに背景がぼける
[画像のクリックで拡大表示]

 では、2つのカメラを備えた「iPhone 12」と比べるとどうか。iPhone 12は焦点距離26ミリメートル(35ミリ換算)の標準カメラと、同13ミリメートルの超広角カメラを備える。AQUOS R6のレンズの焦点距離は19ミリメートルなので、広角側で写せる範囲はiPhone 12の方が広い。しかし、iPhone 12の超広角カメラは周辺部がゆがむので、一概にAQUOS R6が劣っているとは言えない。また、画素数はiPhone 12の方が1200万画素と少なく、撮影した画像データを見ても、2020万画素のAQUOS R6の方が解像感があるように感じる。

 1型センサーを搭載したスマホには、過去にも15年発売のパナソニック「LUMIX DMC-CM1」があった。しかし厚さが15.2ミリメートル(ボディー部)もあり、スマホというより「通信機能付きカメラ」とでも呼ぶべき製品だった。一方、AQUOS R6は約9.5ミリメートル(突起部を除く)と、通常のスマホとそれほど変わらない厚さだ。

 レンズの薄型化と高画質を両立できたのは、ドイツのライカカメラにセンサー・レンズ設計や画質の調整などの監修を仰げたことが大きい。小林氏はライカと組んだことのメリットについて、「センサーやレンズ設計におけるライカのシミュレーション技術は非常に高かった。また、究極の画質を追求するライカの姿勢は、想定をはるかに上回っていた。AQUOS R6では、過去のAQUOSシリーズでは考えられないほどのテスト撮影を繰り返し、画質向上に努めた」と振り返る。

 シャープはレンズ会社のカンタツ(東京・品川)を傘下に収めており、自社でレンズ設計ができたことも開発には有利だった。これらにより、20年3月からの1年強で、ライカの基準を満たす薄型カメラを完成できた。

 静止画撮影用の光学手ぶれ補正機能が無いところは気になったが、高倍率のズーム撮影はしない単焦点カメラであり、ISO感度もISO3200まで上げられることから、室内でも手ぶれが気になるケースはほぼ無かった。ライカの名を冠したレンズを搭載した1型センサーのカメラはパナソニックが販売している(16年発売の「LUMIX DMC-TX1」など)が、いずれも実勢価格で5万円以上する。単焦点とはいえ、それに近い撮影性能があるAQUOS R6のコストパフォーマンスは高いと言えそうだ。

シーンの自動認識機能により夜景モードになれば、ISO感度が1000以上になり、夜でも自然な明るさで撮影できた
シーンの自動認識機能により夜景モードになれば、ISO感度が1000以上になり、夜でも自然な明るさで撮影できた
[画像のクリックで拡大表示]

有機EL画面や指紋センサーも最新デバイスを採用

 AQUOS R6ならではのもう1つの特徴が、新搭載の有機ELディスプレー「Pro IGZO OLED」(6.6型、1260×2730ドット)だ。これまでAQUOS Rシリーズでは高精細で消費電力が小さい「IGZO液晶」を採用してきた。これをAQUOS R6では、以前と同様にIGZOを使った薄膜トランジスタを使用しつつ、液晶より表示が鮮やかな有機ELに変更。最大輝度は2000nit(AQUOS R5Gは1000nit)と、日なたでも見やすい明るさになった。

 ユニークなのは、画面の書き換え頻度を毎秒1回(1ヘルツ)から240回(240ヘルツ)まで可変にしていること。一般的なスマホでは、全画面を毎秒60回(60ヘルツ)書き換えている。これだと、静止画を表示しているときも画面を更新するために電力を消費してしまう。一方、AQUOS R6では、動きの少ない画面は書き換え回数を減らすことで電力消費を抑える。また最大書き換え回数は240回と、一般的なスマホの4倍もあるので、画面をスクロールしたときの残像がかなり減る。

 実際にTwitterアプリなどで縦スクロールをしてみると、「iPhone SE」などの従来のスマホはゆっくりのスクロールであっても残像で文字が読みにくいのに対し、AQUOS R6はくっきりしており読みやすい。AQUOS R6ではこの特徴を生かし、画面を自動スクロールする機能も備える。1人での食事中などに、Twitterのタイムラインを読み続けるといった使い方をしても目が疲れにくい。

4倍速駆動の画面を生かして残像を抑える「なめらかハイスピード表示」や、操作しなくても自動スクロールできる「スクロールオート」などの設定ができる
4倍速駆動の画面を生かして残像を抑える「なめらかハイスピード表示」や、操作しなくても自動スクロールできる「スクロールオート」などの設定ができる
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つの大きな特徴が巨大な指紋センサーだ。通常のスマホ用指紋センサーは光学式だが、AQUOS R6では、米クアルコムが開発した超音波式の指紋センサー「3D Sonic Max」を搭載する。

 これにより、指紋認識領域が約2×3センチメートルと格段に広くなった(従来比で約11倍)。大雑把に指を触れても容易に認識される。また、さらにセキュリティー強度を高めるための「2本指認証」にも対応する。マスクをしていると顔認証は使いにくいので、指紋認証機能が使いやすくなったのはありがたい。

画面内の指紋認証センサーはかなり大きめ。認識速度も光学式より速いという
画面内の指紋認証センサーはかなり大きめ。認識速度も光学式より速いという
[画像のクリックで拡大表示]

 この他、プロセッサーはSnapdragon 888(2.8GHz+1.8GHz)で、メモリー(RAM)も12GBと、基本仕様がトップクラス。ただし、ストレージ(ROM)が128GBと、ハイエンドモデルとしては容量が少ない。これは「コストと購入価格のバランスを考慮した結果、前モデルの256GBからは減らしている。microSDカードスロット(1TBのカードまで対応)を搭載しているので、容量を多く必要とする人には、こちらを活用してほしい」(楠田氏)との理由による。

 消費電力は増えたが、バッテリー容量を5000mAh(前モデルは3730mAh)まで増やし、同等のバッテリー駆動時間を確保しているという。試しに画面輝度を「自動」にしてYouTube動画を再生してみたところ、約9時間でバッテリー残量が50%になった。1日3~4時間の利用なら、2~3日間は充電せずに使えそうだ。

USB Type-C端子の他、イヤホンマイク用の端子も備える。画面の左右がカーブを描いたデザイン
USB Type-C端子の他、イヤホンマイク用の端子も備える。画面の左右がカーブを描いたデザイン
[画像のクリックで拡大表示]

 207グラムとやや重いが、ストレージ容量以外の弱点は見当たらず、コスパは高い。シャープは、「発表時の反響は、AQUOS Rシリーズで最も大きい」(小林氏)と手応えを語る。通信キャリアによるスマホの大幅割引が難しくなっており、以前より高級スマホを売りにくい時代だが、コロナ禍が一段落して旅行やイベントがしやすくなれば、販売を大きく伸ばしそうだ。

テレビCMでは、竹野内豊(写真右)と志尊淳(同左)を会社の上司と部下という設定で起用。AQUOS Rシリーズの中心利用層である40~50代に加えて、若者の取り込みも狙う
テレビCMでは、竹野内豊(写真右)と志尊淳(同左)を会社の上司と部下という設定で起用。AQUOS Rシリーズの中心利用層である40~50代に加えて、若者の取り込みも狙う
[画像のクリックで拡大表示]