コンビニやスーパーで、ユニークなパッケージのおかきを見たことがないだろうか。目立つ社名の表記は無いが、実は経産省が“すごい中小企業”として選んだ会社、三真が開発している。日本料理の老舗・なだ万や俳優の中尾彬など、菓子の企画でコラボした有名店・有名人は数知れず。どんな会社なのか、千葉工場を訪ねた。

コンビニやスーパーで販売される三真のおかき
コンビニやスーパーで販売される三真のおかき

 「これが一押しの新商品です、インパクトすごいでしょ」。そう言って、おかきの老舗・三真(東京・江戸川)の加藤久幸社長が取り出したのが、俳優の中尾彬とのコラボ商品「中尾彬のねじねじ」(醤油味・甘じょっぱい味の2種。2021年5月25日からローソンで先行販売・税込み216円)。中尾彬のトレードマークである“ねじねじ”のマフラーをモチーフに、おかきをツイスト状にした一品だ。

「中尾彬のねじねじ 醤油味」
「中尾彬のねじねじ 醤油味」
インタビューに答える三真の加藤久幸社長
インタビューに答える三真の加藤久幸社長

 三真の工場がある千葉県出身の著名人を探していたところ、中尾彬の存在に気がついた。思い立ったら即行動するのが三真流。「すぐに電話をかけ、ここ数年、千葉は台風などの被害があったので、千葉を元気にするお土産を作らせてもらいたいと説明すると、快く協力いただけました」(加藤社長)

 もっとも、今回のように思いつきを製品化できるのはまれだ。「電話で三真って言うと、どこの建設会社だって言われますから(笑)。調子に乗って、館山市出身のX JAPANにも電話してみたら、『事務所がアメリカの会社なんです』ということで止まってしまいました。でも、いつかコラボしたいのです」