最初から具が食べられるおにぎりがあったら――。そんな要望に応えたのが、ローソンが新発売した「スティックおにぎり」シリーズだ。おにぎりの一口目に多発する“具が無い”問題と、コロナ禍における衛生面の不安を解決するアイデア商品。テレワークや家事中の“ながら食べ”の新定番を目指す。

パッケージに包んだまま持ち、おにぎりに触れることなく食べられる
パッケージに包んだまま持ち、おにぎりに触れることなく食べられる

 ローソンは2021年3月30日、スティック状に握った「スティックおにぎり」シリーズを発売した(沖縄地域を除く)。コンビニおにぎりといえば三角形や円形が一般的だが、スティックおにぎりはのり巻きのように横長で、のりが無いのが特徴。おにぎりとのり巻き、それぞれの強みを併せ持つアイデア商品が登場した。

 「チキン南蛮」「だし香るひれかつ」(どちらも税込み180円)の2種類で展開。ローソンによると、初週の売り上げは好調だという。「主な購入客層は30~40代の男性。昼食目的が中心だが、通常のおにぎりと比べて夕夜間の購入も多かった」。

「チキン南蛮」(写真左)、「だし香るひれかつ」(同右)の2種。ご飯は形が崩れないようにしっかりと巻かれている
「チキン南蛮」(写真左)、「だし香るひれかつ」(同右)の2種。ご飯は形が崩れないようにしっかりと巻かれている

 主なターゲットは、時間に追われがちなビジネスパーソンやドライバー、主婦などを想定。テレワーク中に小腹がすいたときなど、何かをしながらでも手軽に食事ができることを目的に開発された。おにぎりとのり巻きにはそれぞれ特性上の課題があり、それらを解決したのがスティックおにぎりだ。