スーパー戦隊シリーズの第45作目として、2021年3月に放送開始した「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系)。戦隊が「人間1人とロボット4人」で構成されるなど異例尽くしの作品だが、4月11日放送の第6話で新たに登場した主人公のライバルとなる役も、当初の想定には無いオーディションから生まれたものだった。そのキャラクターを生み出すきっかけとなった俳優が、2.5次元ミュージカル出身の世古口凌だ。

世古口 凌
せこぐち・りょう。1996年11月5日生まれ、神奈川県出身。167cm 。LIBERA所属。2018年「また来てマチ子の、恋はもうたくさんよ」(テレビ神奈川)でドラマデビューし、「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」(テレビ東京系)など話題作に出演。自身初となるスーパー戦隊「機界戦隊ゼンカイジャー」では、主人公のライバルとなる、ステイシー役を務める

 日曜朝のテレビの顔である「仮面ライダー」と「スーパー戦隊」。2021年、記念すべき第45作目となるスーパー戦隊シリーズに名を連ねたのが、「機界戦隊ゼンカイジャー」(テレビ朝日系)だ。仮面ライダーやスーパー戦隊は、若手俳優の登竜門。数多くのブレイク俳優を輩出しており、今もなお注目すべき作品群であることは間違いない。

 機界戦隊ゼンカイジャーは、我々が暮らす世界に、機械生命体の世界「キカイトピア」の一部が混ざりあった世界が舞台となる。キカイトピアの悪の王朝「トジテンド」によって、あらゆる並行世界が小さなギアに閉じ込められてしまったあと、唯一生き残った世界だ。トジテンドの魔の手が伸びたそのとき、主人公の五色田介人と正義の心を持った4人の「キカイノイド」たちが、トジテンドを倒すべく立ち上がる。つまり、「人間1人とロボット4人」が戦隊を構成するのだ。他にも、ヒロインは主人公の祖母でシリーズ最高齢だったり、過去作のスーパー戦隊の技を使用したりと、これまでとは一風変わった物語となっている。

「機界戦隊ゼンカイジャー」は毎週日曜日朝9時30分からテレビ朝日系列にて放送中(c)2021 テレビ朝日・東映AG・東映(画像提供/東映)
「機界戦隊ゼンカイジャー」は毎週日曜日朝9時30分からテレビ朝日系列にて放送中(c)2021 テレビ朝日・東映AG・東映(画像提供/東映)

 異彩を放つストーリーの裏側で、実はキャスティングにも異例の事態が起きていた。主人公を決めるためのオーディションでの、ある若手俳優との出会いから、「彼合わせで新キャラを作りたい」と、当初の予定には無かった主人公のライバルとなる役が生まれたのだ。その俳優こそ、2.5次元ミュージカル出身の世古口凌。まさかの大抜擢だった。

 2.5次元ミュージカルも、若手の登竜門として最近大きなトレンドを作りつつある。世古口も人気作「『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』Rule the Stage」の舞台に出演し、シブヤ・ディビジョンのリーダー飴村乱数役て知名度を上げた。機界戦隊ゼンカイジャーでは、4月11日放送の第6話で、主人公のライバル役・ステイシーとして初登場し、今後も作中の重要なポジションでの活躍が期待される。俳優として着実にステップアップする世古口とは、いったいどんな人物なのか。その胸中に迫った。

――スーパー戦隊への出演、しかもオーディションを受けた主人公ではなく、そのライバルの役に抜擢されたと聞いたとき、どのような気持ちでしたか。

世古口 もちろんうれしいという気持ちにつきますが、やっとスタートが切れるのかなとはずっと思っています。仮面ライダーとかスーパー戦隊とか、やっぱりそこから出てくる俳優さんたちは多い。俳優を始めようと決心したときから、自分もいつか出たいなと思っていたので、そこは一つ目標に達したなという気持ちですね。この作品への出演が、自分が知られるきっかけになったらいいなという思いもあります。

 そもそも今回のオーディションには主人公しか枠が無かったので、ステイシー役に決まったときは180度違うなとはなりました。でも、個人的には「最高だな!」と思っています。僕は正義の味方というタイプではないので。ひねくれているし、不真面目だし。なので、逆にそっちに使ってもらえたというのは、おいしいなと(笑)。もちろん、主人公は主人公で目立つし、みんなが思い浮かべるヒーローっていったら、やっぱり主人公。そういう存在はすごくいいなあと思うし、憧れるんですけど、僕はダークファンタジーとかも好きで、敵側に目が行ってしまうこともあるので、すごくありがたいな、うれしいなと思っています。