カップヌードルにも、ついにプロテインブームが到来した。日清食品が新発売した「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」が押し出すのは、15グラムのたんぱく質だ。開発の最大の難所は、伝統的な味を守りつつ、たんぱく質をどこにどれだけ“隠す”かの振り分けだった。「ゴールはカップヌードル」。即席麺史上初めての挑戦が始まった。

たんぱく質を強化した「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」(左)、「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」(右)
たんぱく質を強化した「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」(左)、「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」(右)

 日清食品は、たんぱく質を強化した「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」を発売した。味は、レギュラーとシーフード(どちらも実勢価格・税込み222円)の2種類。2021年4月5日より、全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで順次展開していく。

 大きく変えたのは、たんぱく質の量だ。単にたんぱく質のパウダーを追加するわけではなく、麺とスープ、サイコロ状の具材「謎肉」の中に15グラムも入れ込んだのだ。付加価値を付けつつ、カップヌードルの味は“そのまま”にすることを目指した。

カロリーは一般のカップヌードルの約8割。糖質は50%オフ
カロリーは一般のカップヌードルの約8割。糖質は50%オフ
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>