2度の延期を経て2021年3月18日に開業した、USJ「スーパー・ニンテンドー・ワールド」をいち早くリポート。USJ史上最高額となる600億円超を投じて開発した、「世界初の任天堂エリア」の実力とは。USJの年間パスポートを持つライターが、その仕掛けの狙いを探る。

お祝いモードのエントランス
お祝いモードのエントランス

 2021年3月18日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)で「スーパー・ニンテンドー・ワールド」がついにオープンの日を迎えた。20年夏の東京五輪前の開業予定が新型コロナウイルスの影響で延期となり、21年2月4日のオープン予定も緊急事態宣言で再度延期に。そしてようやく、構想から6年という歳月を経て完成した新エリアが、満を持してのお披露目となった。

 最寄り駅のあるJRゆめ咲線(桜島線)とそれをつなぐ大阪環状線では、マリオやクッパなど人気キャラクターがあしらわれたラッピング列車が運行、USJの正門をくぐり抜けるとポールの旗にはマリオのキャラクターがずらり。待ちに待った新エリアの開業でパーク全体はお祝いムード一色だ。

 スーパー・ニンテンドー・ワールドは、USJと任天堂のクリエイティブチームが全面協力し、任天堂のゲーム「スーパーマリオ」の世界観を圧倒的なスケールで再現したエリア。スーパーマリオシリーズは全世界で3億本を売り上げ、元祖「スーパーマリオブラザーズ」は世界で最も売れたゲームとしてギネスに認定。インバウンド需要も取り込める、日本が誇る最強コンテンツの1つだ。任天堂のゲームの世界をテーマにした施設は、今後、アメリカやシンガポールのユニバーサル・スタジオでも展開する予定となっており、その世界第1号がUSJだ。

 敷地は、スーパーマリオの世界観を象徴するマウント・ビーンポール、クッパ城、ピーチ城をメインに構成。中には2つのライドアトラクションとショップ、レストランがある。今も行列が絶えないハリー・ポッターエリアの総工費450億円を上回る600億円超を注ぎ込み、USJで過去最大の投資額ということからも並々ならぬ意気込みが感じられる。