2021年で発売40周年を迎える、赤城乳業のアイス「ガリガリ君」。長く愛される定番のソーダ味の他に、150種類を超える味が誕生してきた。数々の成功の裏には、時に失敗もある。赤城乳業にこれまでの売り上げ「ベスト5」「ワースト5」を聞いた上で、その理由を分析してもらった。

コンビニやスーパーによっては2~3種類が並ぶところも。手前が「ガリガリ君 ソーダ」、後列左が「ガリガリ君 九州みかん」、同右が「大人なガリガリ君 ピンクグレープフルーツ」
コンビニやスーパーによっては2~3種類が並ぶところも。手前が「ガリガリ君 ソーダ」、後列左が「ガリガリ君 九州みかん」、同右が「大人なガリガリ君 ピンクグレープフルーツ」

 赤城乳業(埼玉県深谷市)の看板アイス「ガリガリ君」が、2021年で発売40周年を迎えた。1981年に小学生をターゲットとして誕生し、当初はソーダ、コーラ、グレープフルーツの3種類で展開していた。2006年には、大人向けに単価を上げたシリーズ「ガリガリ君リッチ」のミルクミルク(販売終了)を発売。15年には、大人の女性向けにジェラートを意識して果汁濃度を上げたシリーズ「大人なガリガリ君」のグレープフルーツ(販売終了)を発売し、顧客層を広げてきた。

 年間に発売するのは多くて20種類。ソーダのように毎年再販する定番の味もあれば、2~3カ月たっても売れ残り、ラインアップから外れる味もある。これまで世に出た数は150種類を超えるという。開発マーケティング本部の岡本秀幸氏は、「お客さまの声に応えるうちに増えてしまった」と話す。味の種類が増えるとともに年間の売上本数も伸長し、12年には初めて年間4億本を突破。現在まで毎年4億本超えを維持し、21年は5億本の大台突破を目指している。

過去に販売したパッケージの数々。何種類、食べたことがあるだろうか
過去に販売したパッケージの数々。何種類、食べたことがあるだろうか

 40年の歴史の中で実に多様な味に挑戦し、成功と失敗とを繰り返してきたガリガリ君。その経験を振り返りつつ、岡本氏に売り上げ「ベスト5」と「ワースト5」を挙げてもらい、そうなった理由を分析してもらった。「ベストは割と想像がつきやすいかもしれませんが、ワーストを話すのは初めてかも」と岡本氏。次のページのランキングは、ぜひ予想した上で読み進めてほしい。