ディスカウントストアのドン・キホーテが、自社ブランドからランニングシューズ「ファールラン」を発売した。ドンキにしてはやや高い8000円台の価格設定だが、規格外の超厚底かつ高い機能性を打ち出し、初回生産分が無くなりつつある。ナイキの人気シリーズ「ヴェイパーフライ」に、コスパで勝負を挑む。

ドン・キホーテの「ファールラン」。サイズは22~28センチメートル(1センチ刻み)。4色展開で、圧倒的1番人気が写真のライム×ミント
ドン・キホーテの「ファールラン」。サイズは22~28センチメートル(1センチ刻み)。4色展開で、圧倒的1番人気が写真のライム×ミント

 ディスカウントストア大手のドン・キホーテ(以下、ドンキ)は、家電や生活雑貨などの分野で、様々なプライベートブランド(PB)を展開している。最近では、スポーツのブランド「アクティブギア」で意外な商品がヒットした。心拍センサーを搭載したスマートウォッチ「ライフロガー」(税込み4378円)だ。大手メーカーでは1万円を超える商品でも、ドンキが手掛けると半額以下が当たり前。コストパフォーマンスの良さがウケている。

 2021年2月19日、ドンキは同ブランドからランニングシューズ「ファールラン」を全国の一部店舗で発売した。価格は税込み8789円。既存シューズの大半が1000~5000円程度のドンキにとって、やや挑戦的な価格設定だ。商品を企画したPB企画開発部の小溝彩希子氏は、「性能を落とさず価格を抑えた高機能ランニングシューズは社外にも無かったので、商品ラインアップを広げるためにも挑戦した」と語る。

 ターゲットはランニングの初心者。ランナーに人気のカーボンプレート搭載シューズ「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」は、約3万円(税込み)と気軽には手が出しにくい。その3分の1以下の価格で、お試し購入を狙った。

 開発の目玉にしたのはソールだ。ランニングシューズのソールの厚さは、陸上競技を統括するワールドアスレティックス(世界陸連)が40ミリメートル以下と定める。この規格にあえて従わず、52ミリの超厚底に仕上げた。クッション性の高いソールは足の負担を軽減するため、足の筋力がまだ十分に付いていないランニング初心者に向く。公式大会には参加できないが、走りやすさに重きを置いた。

超厚底を購入しているのは、想定とは別の層だった

 ナイキやミズノ、アシックスなどの大手メーカーは規格を順守するため、40ミリを超えるシューズのラインアップはほぼ無い。小溝氏は、「普通だとつまらないので差別化を図りました。できるだけ厚底にしたかったのですが、安全を考えた限界値が52ミリでした」と言う。

ソールは52ミリと超厚底
ソールは52ミリと超厚底
かかとの方から見てもソールの厚さが分かる
かかとの方から見てもソールの厚さが分かる

 片足の重さを測ると230グラム(27センチ)。超厚底とはいえ、大手メーカーのランニングシューズと比べて少し重いか同程度だ。シューズのアッパーはできるだけ薄い素材を選び、ソールも何度も作り直したという。近年、マラソンや駅伝などで話題になっている反発力の高いカーボンプレートも搭載。これは自社PBでは初めてだ。

 ファールランがいくら安くても、5000~6000円を追加すれば大手のエントリーモデルに手が届くうえ、規格外のシューズ。一般ランナーに受け入れられるか確信は持ちにくい。ドン・キホーテにとっては厳しい戦いになるのではないか。

 フタを開けてみると、月1000足の販売目標に対し、発売2週間で500足を達成。品切れの店舗も出てきた。ツイッターなどネット上での反応を見ると、購入していたのは想定に反してベテランのランナーが目立つ。「『安くて練習用のサブシューズに丁度いい』『厚いソールで足への負担を軽減したい』といった理由で受け入れられている」(小溝氏)。

 実際に履いて走ってみると、確かに厚底ソールのおかげで足への負担が減ったように感じた。また、足が自然と前に出る構造なので、ランニングが楽しくなる(ただ、調子に乗って急に10キロほど走ったため、翌日は両足が筋肉痛に)。

アッパー素材は、雨水を吸収しづらい素材を使用
アッパー素材は、雨水を吸収しづらい素材を使用
かかとにはヒールパットが付き、靴擦れが起きにくい
かかとにはヒールパットが付き、靴擦れが起きにくい

 すでに倉庫にある初回分の在庫は無くなりつつあり、1万足を工場に追加発注したところだ。今後は取り扱い店舗を180から220に拡大し、ブランドと商品の認知度を高めていく。

 ドン・キホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスは21年2月24日、商品に対する顧客の「ダメ出し」を商品開発に生かしていくことを発表している。ファールラン第2弾の発売も予定されており、消費者のダメ出しを反映したさらなる進化が期待される。

16
この記事をいいね!する

日経トレンディ2月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2022年2月号
【巻頭特集1】ほったらかし株&投信
【巻頭特集2】年金を最大化する方法
【第2特集】新鮮! 回転すしマーケティング
【インタビュー】THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
発行・発売日:2022年1月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する