幕の内弁当なのにごはんが入っていない――。そんな衝撃の「幕の内弁当風おかず(ごはん無し)」を2021年3月9日、ファミリーマートが発売した。ごはんは家にあるから、おかずだけ入っている方が都合がいい。在宅勤務需要により、これまでにない弁当がヒットを呼び寄せた。

幕の内弁当のおかずのように、品数が充実
幕の内弁当のおかずのように、品数が充実

 ファミリーマートが2021年3月9日に発売した「幕の内弁当風おかず(ごはん無し)」は、一見、普通の弁当のようだが全く違う。おかずだけが入っているのだ。

 焼きサバ、海老天、コロッケ、ちくわ天、シューマイ、煮物、和風パスタと、バラエティー豊か。これで、税込み398円。ファミリーマートが21年2月に発売した、ごはんが入った「ミックスグリル弁当」「炙り焼さば弁当」が共に税込み498円であることを考えると、妥当な値段と言える。置かれているのは弁当コーナーより、総菜コーナーであることが多いようだ。

 「ごはん無し弁当」は、21年1月26日に発売したお母さん食堂シリーズ「のり弁風おかず」に次ぐ第2弾。こちらも、のり弁とうたうにもかかわらず「ごはん無し」「のり無し」というツッコミどころの多い商品で、SNSで話題になった。なぜ、このシリーズを継続しているのだろうか。

「幕の内弁当風おかず(ごはん無し)」。税込み398円
「幕の内弁当風おかず(ごはん無し)」。税込み398円
電子レンジで温められる
電子レンジで温められる