アサヒグループ食品が販売する「1本満足バー プロテイン」が、コロナ禍に売り上げを伸ばした。巣ごもり時間の増加で自宅トレーニングをする人が増えたのが一因だが、女性の心をつかんだ新フレーバーが数字を底上げした。“筋トレ勢”に重宝されるお手軽食品が、新たなファン層を取り込み始めた。

20年10月に公開した、1本満足バー初めてのアニメーションCM「爆裂マンゾクアニメーション」。スポーツシーンが描かれ、スポーツ向けでのイメージ強化を狙う(提供/アサヒグループ食品)
20年10月に公開した、1本満足バー初めてのアニメーションCM「爆裂マンゾクアニメーション」。スポーツシーンが描かれ、スポーツ向けでのイメージ強化を狙う(提供/アサヒグループ食品)

 「1本満足バー」は、スティックバータイプの栄養補助食品。2006年にアサヒグループ食品(東京・渋谷)が発売し、コンビニエンスストアやドラッグストアなどで購入できる。片手で素早く食べられ、150円以下でコストパフォーマンスが良く、食物繊維やビタミンをバランス良く取れることから、「早い・安い・うまい」食品として20~40代の男女に広がってきた。10年からはタレントの草彅剛を起用したテレビCMを開始し、「マンマン、満足! 1本満足~」のキャッチフレーズでおなじみだ。

喫食シーン別に3種類に分かれる。上から「シリアル」のホワイト、「プロテイン」のチョコ、「ベイクド」のメープル&バター
喫食シーン別に3種類に分かれる。上から「シリアル」のホワイト、「プロテイン」のチョコ、「ベイクド」のメープル&バター

 シリーズの人気をけん引するのは、18年10月発売の「1本満足バー プロテイン」。健康維持に不可欠な筋肉量を増やそうとたんぱく質を取るニーズが高まっており、RIZAPやマツモトキヨシ、森永製菓なども続々とプロテインバーを発売している。ただその中でも、1本満足バー プロテインの売れ行きは頭一つ抜けている。チョコとヨーグルトの2種のフレーバーで発売した当初は、爆発的に売れて生産が追い付かず、一時は販売休止になった過去もある。

 このプロテインシリーズが、コロナ禍で再ブレークした。消費財の行動データを分析するTrue Dataによるドラッグストアでの売れ行きを見ると、一目瞭然だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>