バレンタインデー目前。コロナ禍で初のバレンタイン商戦では、各百貨店の“今だからこそ”の攻めの戦略が、売り上げを底上げしている。コロナの長期化を見越して準備したオンライン対応に加え、三越伊勢丹は人気声優の甘い声でチョコの魅力を伝え、京王百貨店は地方の有力店を積極的に誘致して差別化を図った。

三越伊勢丹で人気だったジャン=ポール・エヴァンの「ボンボン ショコラ10個 アネポップ」(税込み3996円)(写真/三越伊勢丹)
三越伊勢丹で人気だったジャン=ポール・エヴァンの「ボンボン ショコラ10個 アネポップ」(税込み3996円)(写真/三越伊勢丹)

 バレンタインの催事で、2019年度まで10年連続で売り上げ日本一を誇るのがジェイアール名古屋タカシマヤだ。19年度の売り上げは約32億円で、催事の期間を考えると1日に約1億円を動かした計算になる。売り上げの9割9分は実店舗で、オンライン販売にはほとんど重きを置いてこなかった。

 その考えが、コロナで180度変わった。20年までは、数量限定のチョコを購入しようと、実店舗に早朝から1000人近い行列ができることもあった。21年は行列での“密”を防ぐため、1月8日~2月8日の販売期間中、一部の限定品を含めた本格的なオンライン販売に踏み切った。販売を始める午前9時ごろになると、サーバーにつながりにくい状態が続いた。特にパティシエ エス コヤマの「蒸し焼きショコラ 焙じ茶」(税込み2970円)やクラブハリエの「ショコラバーム」(税込み2160円)が飛ぶように売れ、商品が出れば数分で完売したという。

ジェイアール名古屋タカシマヤで売れ筋だった、パティシエ エス コヤマの「蒸し焼きショコラ 焙じ茶」(写真/ジェイアール名古屋タカシマヤ)
ジェイアール名古屋タカシマヤで売れ筋だった、パティシエ エス コヤマの「蒸し焼きショコラ 焙じ茶」(写真/ジェイアール名古屋タカシマヤ)
クラブハリエの「ショコラバーム」(税込み2160円)も好評だった(写真/ジェイアール名古屋タカシマヤ)
クラブハリエの「ショコラバーム」(税込み2160円)も好評だった(写真/ジェイアール名古屋タカシマヤ)

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する