AI(人工知能)を使った学習教材を開発するatama plus(アタマプラス、東京・品川)が、入試改革に乗り出す。駿台と「共通テスト」のオンライン模試を成功させたノウハウを生かし、立命館のオンライン入試の開発を進める。代表取締役の稲田大輔氏は、「AIを使った学習は共通テスト対策に実は向いている」と話す。その真意を聞いた。

デジタル教材「atama+」では、勉強すると「達成率」を表すバーが伸びていき、100%になると基礎固めが完了する
デジタル教材「atama+」では、勉強すると「達成率」を表すバーが伸びていき、100%になると基礎固めが完了する

 政府が2020年、小中学生にパソコンやタブレットなどの端末を行き渡らせるなどの「GIGAスクール構想」を発表し、AIを使った様々なデジタル教材が脚光を浴びている。その代表格である「atama+(アタマプラス)」は、主に中高生をターゲットとするパーソナライズ教材。タブレットを使って出題される問題に答えると、その正誤や解答時間などからAIが問題の理解度を判断。小学校の学習内容にまで遡って知識の“穴”を探し出し、その穴を埋めるための解説動画や問題を提示する。

 従来の勉強法では、理解しているところとそうでないところを明確に区別するのが自分でも難しく、分かる範囲でも何度も解き直すしかなかった。自分用にパーソナライズされた教材であれば、分かっているところは飛ばし、抜けている部分をピンポイントで補うといった効率的な勉強が可能だ。

atama+のホーム画面。高校数学の数Iの診断テストを受けると、「素数と素因数分解」を演習するよう“おすすめ”マークが付いた。次にやるべきことが明確で分かりやすい
atama+のホーム画面。高校数学の数Iの診断テストを受けると、「素数と素因数分解」を演習するよう“おすすめ”マークが付いた。次にやるべきことが明確で分かりやすい
高校の範囲の問題を解くうちに、小学6年で習う文字と式や逆数、中学1年の加法や減法といった内容の理解度まで判定される
高校の範囲の問題を解くうちに、小学6年で習う文字と式や逆数、中学1年の加法や減法といった内容の理解度まで判定される

 原則的に個人での利用はできず、主に学習塾向け。特定のコースを申し込んだ塾生へのサービスとして提供される場合が多い。講師が専用アプリ「atama+ COACH」を使って生徒の学習状況をリアルタイムで確認し、コーチングすることで学習効果を高められるのが特徴だ。順調に進んでいる生徒については「褒める準備をしましょう」、同じ問題に10分以上かかっている生徒については「眠くなっているかもしれません」といったアラートが講師に届き、適切な声かけが生徒のモチベーションを高めるのだという。オンライン授業の場合には、電話やウェブ会議システム「Zoom」などで声かけする。

 採用する塾からの要望を受けて対応教科は増え、21年2月5日現在、高校生向けに数学、英語、物理、化学の4科目、中学生向けに数学、英語、理科の3科目、小学生向けに算数を提供する。21年3月からは、高校生物と中学社会を追加予定だ。

理解度が一定の水準に達した単元には「合格マーク」が付く。理解度が上がると単元の色味も濃くなるため、自分の弱点が見えやすい
理解度が一定の水準に達した単元には「合格マーク」が付く。理解度が上がると単元の色味も濃くなるため、自分の弱点が見えやすい

 デジタル教材では他に、「Qubena(キュビナ)」(COMPASS)や「すらら」(すららネット)といったサービスがある。前者は学校向けが中心で、手書き入力など解答形式が豊富なのが特徴。後者は勉強が苦手な子向けに、教材を進めていくとアプリ内で使えるアイテムが手に入るといったゲーム要素を取り入れる。その中で、講師からのコミュニケーションまで支援するコーチング機能を導入しているのはatama+だけだ。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する