食品大手ネスレ日本(神戸市)と健康食品大手ファンケルは2020年12月17日、「スーパーフード」の入ったスムージーを手軽に作れる「nesQino (ネスキーノ)」を日本で発売した。サブスクモデルで初回購入のハードルを下げ、日本の30~40代女性へのターゲット拡大を目指す。

ネスキーノで作ったスムージー。ゴジベリーやアーモンド、チアシードといったスーパーフードを手軽に楽しめる
ネスキーノで作ったスムージー。ゴジベリーやアーモンド、チアシードといったスーパーフードを手軽に楽しめる

 ネスレ日本は、2009年に本格的な味わいが楽しめる家庭用コーヒーマシンの「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」を開発し、13年にはコーヒーのサブスクリプションモデルを導入している。そうした経験が生きる次の商品が、「果物や野菜入りのスムージーを飲みたいが、手間がかかる」といった層に向けたネスキーノだ。

 同商品は、粉末状のスムージーのもとと専用のかき混ぜ器「キューカップ」のセット。ネスレ本社が開発し、19年12月に中国で初めて販売した。保存料などが無添加で、スーパーフードの栄養分を粉末状に加工しているのが売りだ。「健康や美意識の高さは日本にも通じるところがある。世界で2カ国目として、導入することにした」(ネスレ日本)。今回販売するのは中国と同じ商品だが、今後は、日本独自のラインアップをファンケルと共同で開発していく。

 スムージーのもとは、ミルクやオーツ麦などが入った「ベースサッシェ」(3種類)と、ゴジベリーやアセロラなどが入った「スーパーフードサッシェ」(6種類)に分かれる。1種類ずつ選んで組み合わせ、18通りの味が楽しめる。中国では買い切りモデルだったが、日本ではキューカップはレンタルのみとし、スムージーのもとのサブスクモデルで販売しようというのが今回の挑戦。ネスレ通販オンラインショップの場合、初回15杯コースが4860円(税込み)、初回30杯コースが9720円(税込み)だ。

ネスキーノのキューカップ
ネスキーノのキューカップ
6種類のスーパーフードサッシェ(写真手前)と3種類のベースサッシェ(写真奥)
6種類のスーパーフードサッシェ(写真手前)と3種類のベースサッシェ(写真奥)

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する